7日間無料体験を
始める
WEB入会はこちら 7日間無料体験はこちら イベント
予約
WEB入会 1週間お試し通い

筋トレで体重が増える理由は?体重増加の原因やダイエットとの関係を解説

筋トレで体重が増える理由は?体重増加の原因やダイエットとの関係を解説

痩せるために筋トレを頑張っているはずなのに、気づいたら体重が増えていた!なんてお悩みはありませんか?せっかくのダイエットなのに体重が減らずに増えていたらショックかもしれません。でも、実はそんなに心配する必要がないのも事実。今回は、筋トレでなぜ体重が増えるのか、その理由を紐解き、ダイエットとの関係やどのように対応するのがよいのかを解説します。

なぜ?筋トレで体重が増える理由

なぜ?筋トレで体重が増える理由

筋トレで体重が増えるにはいくつかの理由が考えられます。ネガティブな原因ではない場合もあるので気にしすぎる必要はありませんが、思い当たるものはありますか?

筋トレで体重が増える理由1. 筋肉量が増えたから

痩せるため、ダイエットのために筋トレをしているはずなのに、なぜか体重が増えている場合は、もしかしたらダイエットが成功したからかもしれません。

その秘密は、筋肉の重量にあります。筋肉は脂肪より引き締まっているため重量があります。そのため、筋トレの成果が出て、筋肉量が増え、脂肪の量が減ったことで体重増加へとつながったのかもしれません。

よく鏡を見てみましょう!体重は増えたけど見た目はスッキリしている?と感じるのは、きっと脂肪が減ったから。この場合、あまり体重が増えたことは気にせず、むしろ筋トレの成果が出始めている点に注目しましょう。

筋トレで体重が増える理由2. 体内の水分量が増えた可能性も

筋トレにより、筋肉が炎症を起こします。その筋肉が修復するために水分を溜め込もうと働き、むくみやすくなります。

このように体内の水分量が増えたことで体重が増えている可能性も。とくに、女性の場合は、月経周期やホルモンバランスの影響を受けやすく、生理前は水分を溜めてむくみやすくなります。生理前は体重が1〜2kg増えてしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

でも、筋肉が回復し、また、ホルモンバランスが変化することによって、体内の余分な水分は排出されていきます。たまたま、体重計に乗った日がむくんでいた日だったということもあるので、あまり体重の増減は気にしないようにしましょう。

筋トレで体重が増える理由3. 油断して食べ過ぎていない?

筋トレをするとカラダも疲れてしまいます。もちろん体力回復のための食事は大切。でも、「今日は筋トレ頑張ったから」と、油断して食べ過ぎていないでしょうか?とくに筋トレ直後の30分間は、カラダが栄養を溜め込みやすくなっています。食べる量はもちろん、食事の質にもこだわりたいですね。

体重が増えていてもOK!ダイエット成功の判断は見た目で

体重が増えていてもOK!ダイエット成功の判断は見た目で

筋トレで体重が増えるのは必ずしもネガティブな理由だけではありません。ダイエットをしているのであれば、体重の増減よりも見た目に注目しましょう!

見た目が引き締まっていて、無駄な脂肪がなければ、美しくしなやかなボディラインを作ることができます、。一方、筋肉のないカラダは、たるんでみえたり、だらしなく見えてしまうことも。目指すのはどちらのカラダなのか、今一度意識を変えてみましょう!

きっと体重が少し増えたとしても、キュッと引き締まって程よく筋肉とハリ感のあるカラダの方がきれいだと感じませんか?

そのため、筋トレで多少体重が増えたとしてもそこまで気にする必要はありません。

また、ダイエットスタート時の体重によって、体重の減り具合も大きく変わってきます。例えば、もともと80kgあってダイエットを決心した人と、55kgあってダイエットをスタートした人であれば、80kgあった人の方が全体的に痩せていくことで体重の減り幅も大きくなります。

体重の増減はもともとの体型によったり、女性であればホルモンバランスの変化や、筋肉量増加などが理由になって発生します。あまり気にせずに、見た目にフォーカスしてダイエットをするのはいかがですか?

筋トレで体重が増えるのを防ぐには

筋トレで体重が増えるのを防ぐには

それでもどうしても筋トレで体重が増えるのを防ぎたい!という場合は、筋トレのやり方や日常生活で工夫しましょう。

有酸素運動と組み合わせて脂肪燃焼を促進

筋トレだけではなく、ダイエットの運動に有酸素運動を取り入れることで脂肪燃焼効果が高まります。ダイエットの目的の一つは、カラダの余分な脂肪をなくすこと。筋トレで筋肉を増やすのはもちろん、有酸素運動で効率よく脂肪燃焼を促進することも一つの方法です。

痩せる食事バランスを心がけて

筋トレをしているからと言って安心してなんでも食べて良いかというと、それではダイエット効果が半減してしまいます。スナック菓子やジュース、アルコールなどはなるべく控え、毎日の食事バランスを見直しましょう。タンパク質はしっかり摂れていますか?脂質を摂り過ぎていないですか?ビタミン、ミネラルは代謝を上げるのに欠かせない栄養素です。

また、ダイエットというと敬遠されがちな糖質ですが、運動や筋トレをする際のエネルギーになります。適量の糖質はとても大切。小麦よりも米を積極的に摂取するようにしましょう。 ダイエットの食事制限についてはこちらこちらをチェック!

筋トレフォームを見直してみて

筋トレの難しいところは、正しいフォームを身につけること。

慣れていないと、正しいフォームでトレーニングできるには時間もかかりますが、理想のボディラインに近づくには正しいフォームがとても大切です。フォームを間違えていると、思っていないところがターゲットになって筋肉がついてしまうことも。筋肉は重量がある分、余計に筋肉をつけ過ぎてしまうのも体重増加の原因になります。効かせたい部位に届くように、今一度、正しいフォームでトレーニングできているか確認してみましょう。

筋トレの負荷をかけすぎない

筋トレの目的にもよりますが、引き締まったカラダを目指したいのであれば、無理に筋トレの負荷を高めすぎる必要はありません。むしろ筋トレの負荷は少し下げて、回数を多めに設定しましょう。ボディビルダーのように筋肉肥大を目指しているわけではないと思うので、引き締まったボディラインメイクのために最適な負荷に設定するのがポイントです。

そもそも体重だけを気にし過ぎない

何よりも大切なことは、体重だけを気にし過ぎないことです。

自分が目指しているボディラインに近づいているのであれば、たとえ多少体重が増えたとしても問題ありません! 筋トレ時間の目安もチェック!

まとめ:筋トレで体重が増えても大丈夫!見た目重視ダイエットを

まとめ:筋トレで体重が増えても大丈夫!見た目重視ダイエットを

筋トレを頑張って継続しているなら、多少の体重の増加は仕方のないこと。むしろ、筋肉量が増えて脂肪の量が減っているのであれば、見た目もスッキリするだけではなく、脂肪燃焼しやすいカラダに近づいている証拠です。つまり代謝もアップして、痩せ体質へ!

体重の変化だけではダイエットの成功は判断できません。見た目の変化を重視し、理想のボディラインに近づきましょう!

堀希和子

2007年に上智大学外国語学部英語学科を卒業後、国際線客室乗務員として勤務。
その後転職し、一部上場企業代表取締役社長秘書を経験。
現在は、結婚を機に退職し、コラムライターやwebデザイナーとして活動中。
子育てをしながら、「ママでも美しく楽しく」をモットーに、美ライフスタイルを追及中。

ボディーズとは?

ボディーズは、女性専用フィットネスジムです。
「運動」「栄養」「休養」の観点から女性のキレイを応援し、 4つのプログラムと食事の面からあなたの健康をサポートします。

SPECIAL CAMPAIGN

今だけおトクな入会キャンペーン

最大¥37,320→¥0になる Bodies入会キャンペーン
2024年START応援キャンペーン

Bodiesオリジナルプロテイン

ABCクッキングスタジオから生まれたボディーズでは、
キレイになりたい女性の為のプロテイン「BEAUTY PROTEIN」を販売中!

ダイエットプロテイン

関連記事