7日間無料体験を
始める
7日間無料体験を
始める
イベント
予約

ダイエットで生理が来ない……。健康的にダイエットするために必要なこと

ダイエットで生理が来ない……。健康的にダイエットするために必要なこと

ダイエット中、気づいたら生理が来ていない、遅れていると感じたことはありませんか?
過度なダイエットをしていると、生理が止まってしまうことがあります。そして、生理が止まってしまうのはカラダからの異変のサイン。健康的なダイエットができていないということなので、ダイエット方法を見直して、生理周期を改善する必要があります。

今回は、ダイエットによって生理が止まってしまう原因や、健康的にダイエットするために必要な対処方法をお話します。

そもそも一般的な生理周期は?

そもそも一般的な生理周期は?

生理には個人差があります。個人差があり、かつ人と比べることがないので、自分の生理が普通なのか、生理がちゃんと来ているのかも客観的に判断するのは難しいですよね。

一般的に、正常な生理周期は25〜38日、生理期間は3〜7日とされています。例えば、45日周期で順調に生理が来ている人もいますが、もともと30日周期だったのに1ヶ月半以上来ていない……など、周期に大きなズレがある場合は要注意です。生理が止まるにはさまざまな要因がありますが。それがダイエット期間であれば、原因がダイエットの可能性もあります。

ダイエットで生理が来なかったり遅れるのはなぜ?

ダイエットで生理が来なかったり遅れるのはなぜ?

ダイエットを頑張っていたら、生理が止まってしまったかも……。順調にダイエットが進んでいたとしても、生理が止まるのは心配ですよね。ダイエットをしていて生理が来なくなるのには理由があります。

生理が起こるには卵巣からのホルモン分泌が必要になりますが、ダイエットをして急激に体重が減ると卵巣からのホルモン分泌が低下し、生理が止まってしまいます。なぜ卵巣からのホルモン分泌が低下するかというと、脳に関係しています。卵巣にホルモン分泌の指示を出しているのは、脳の視床下部・下垂体。この視床下部・下垂体は、卵巣への指示だけではなく、生きていく上で必須の呼吸や体温、自律神経の調節も担っています。そのため、急激なダイエットで体重が減少していくと、視床下部・下垂体は生きていくために一番大切な生命維持の働きにフォーカスし、卵巣への指示をストップしてしまいます。結果的に卵巣からのホルモン分泌が低下し、生理が来ないように。

つまり、脳は、急激な体重減少が起きているときに生理が来ると、カラダがより危険だと判断していることになります。

生理が来ないとカラダはどうなるの?

生理が来ないとカラダはどうなるの?

では、生理が止まってしまうとカラダにどんな影響が出るのでしょう。
まず、妊娠しにくくなってしまうリスクがあります。生理が止まると排卵も止まることが多く、排卵が痒くしない限り、自然妊娠が難しくなってしまいます。

また、エストロゲンが分泌されないことで骨密度が低下し、若い女性でも骨粗鬆症になるリスクもあります。

過度なダイエットによる生理不順や無月経は、健康リスクがあるだけではなく、将来の不妊リスクの可能性も。もし、ダイエットを頑張っていると同時に生理が来なくなってしまったということがあれば、早めに専門家の先生に診てもらうのがよいかもしれません。

思い当たったら要注意!こんなダイエットは危険

思い当たったら要注意!こんなダイエットは危険

もし、過度なダイエットをしているかも……と思い当たる人がいたら、まずはダイエット方法を見直した方がよいかもしれません。

極端に食べないダイエット

極端な食事制限、節制、断食などは危険です。栄養バランスが偏ったり、栄養不足に陥り、体調不良から生理不順や無月経を引き起こす可能性があります。

思い当たったら要注意!こんなダイエットは危険

思い当たったら要注意!こんなダイエットは危険

もし、過度なダイエットをしているかも……と思い当たる人がいたら、まずはダイエット方法を見直した方がよいかもしれません。

短期集中の無理なダイエット

短期集中でのダイエットは、上記のように「食べない」という方法を選択しがちです。急激なカラダの変化に追いつけずに生理不順や無月経になることも。もちろん長期間ずっとダイエットをしていて、栄養失調状態が続くのも良くありません。

ストレスのたまるダイエット

ストレスも要注意。ダイエットのためにストイックになりすぎてダイエット自体がストレスになっていたり、他の人と比べてしまい落ち込んでストレスを感じたりと、ダイエットはストレスを抱えやすいもの。結果的にそのストレスが生理不順や無月経の原因になることもあります。

生理周期改善!ダイエットで生理が来なくなったときの対処法

生理周期改善!ダイエットで生理が来なくなったときの対処法

生理周期が乱れたり、生理が来なくなるほどのダイエットをしている人は、まずはダイエット方法を見直し、生理周期改善に努めましょう。

バランスの良い食事

まずは、バランスの良い食事を心がけることが大切です。ダイエットのために食事を抜いていたり、極端に食事量を減らしている人は、食べる量も調節する必要があります。生きていく上でのエネルギーは絶対に摂取しなくてはいけないですし、栄養素はバランス良く摂取するのが好ましいですね。

リラックスの時間を設けて

ストレスはダイエットにも良くないですし、ホルモンバランスが乱れて生理不順や無月経の原因にもなります。ダイエットをしていてストレスがかかりやすい環境にいるからこそ、リラックスの時間も大切にしましょう。

もちろん、健康的な食事を心がけるのは前提で、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かったり、アロマに癒されたり、ハーブティーを飲んでみたり……。自分なりのリラックス方法を見つけ、ストレス状態から意識的に抜けられるようにしたいですね。

そもそもダイエットはお休みする

女性にとって、ダイエットはきれいになるための手段であり、そのために努力することは素晴らしいことです。でも、生理が止まってまで、つまり健康を損ねてまでダイエットするのはカラダにとっても心にとっても良くありません。今までダイエットを頑張った自分を労わり、ダイエットをお休みしてしっかり適正体重にすることも大切です。

そもそも、ダイエットは体重の増減だけが結果ではありません。食事はしっかりと摂りつつも、ストレッチをして代謝を良くしてしなやかなカラダを目指したり、気になる部分に筋トレでアプローチする方法もあります。

もしダイエットが原因で生理が止まってしまったら、まずは自分のためにも生理周期がしっかり改善することを優先しましょう。

生理は健康のバロメーター。ダイエットも健康的に!

生理は健康のバロメーター。ダイエットも健康的に!

PMSや生理痛もあり、毎月の生理は煩わしいものかもしれません。しかし、女性にとって生理は健康のバロメーターでもあります。妊娠ができるかどうかだけではなく、ホルモン分泌が正常に行われているか、ココロとカラダは整っているかなども大きく関わってきます。

急激なダイエットや過度なダイエットは女性としての健康を損ねる可能性もあります。痩せたい気持ちも大切ですが、それは健康があってこそ。しっかりバランスの整った食事を摂り、代謝を上げ、ストレスをためこまないようにして、健康的なダイエットを心がけたいですね。

堀希和子

2007年に上智大学外国語学部英語学科を卒業後、国際線客室乗務員として勤務。
その後転職し、一部上場企業代表取締役社長秘書を経験。
現在は、結婚を機に退職し、コラムライターやwebデザイナーとして活動中。
子育てをしながら、「ママでも美しく楽しく」をモットーに、美ライフスタイルを追及中。

関連記事

6月ボディーズキャンペーン
6月ボディーズキャンペーン
ダイエットプロテイン

ボディーズとは

Column コラム