お試しレッスン
予約
Web入会の
ご案内
イベント
予約

グルテンフリーとは。グルテンフリーの基本や効果をおさらい グルテンフリーとは。グルテンフリーの基本や効果をおさらい

近年、美容意識が高い女性やダイエット中の女性の間でも話題のグルテンフリー。
もともとは美容やダイエット目的ではなく、グルテンアレルギーの人向けの食事でした。

今では美容や健康志向の方、ダイエットの食事方法としても広く取り入れられています。
今回は、グルテンフリーの基本や効果をおさらいしましょう。

グルテンとは。どんな食品に含まれる?

グルテンとは。どんな食品に含まれる?

グルテンというと糖質をイメージする人も多いですが、グルテン=糖質というわけではありません。
グルテンとはタンパク質の一種で、小麦、大麦、ライ麦などの穀物の表皮内にある胚芽と胚乳によって生成されています。

穀物のタンパク質の中で大半を占めるグリアジンとグリテニンが水を加えることで結びつき、グルテンになります。パンやスイーツを作る時を想像してみてください。
小麦粉、卵、砂糖などを混ぜ、水や牛乳を加えるとバラバラだった生地がまとまります。それがグルテンの作用です。

うどんも、基本的な原材料は小麦、水、塩です。グルテンの作用により生地がまとまり、うどんならではのコシが生まれます。
このように、パン、うどん、パスタ、ラーメン、ケーキ類など、グルテンは私たちが普段よく口にする食品に含まれていることが分かります。

一方、糖質制限ではご飯、つまりお米も対象になりますが、お米にはグルテンは含まれず、グルテンフリーの食品です。
糖質とグルテンは、似て非なるものであることが分かると思います。

グルテンフリーとは

グルテンフリーとは

グルテンフリーは、グルテンの含まない食品や、グルテンを摂取しない食事のことをさします。
もともとは美容やダイエットを目的とした食事方法ではなく、グルテンに対してアレルギー症状が出る人が体質改善のためにグルテンを摂取しない食事療法を行うことを指します。

しかし、海外では早くからモデルやセレブによって、グルテンを摂取しないグルテンフリーを実践することが美容や健康に良い結果をもたらしたとして人気の健康法として取り入れられてきました。

グルテンフリーの効果

グルテンフリーの効果

グルテンを摂取しないグルテンフリーを実践することによって、腸が整う、肌荒れが改善する、生理痛や生理不順が改善する、痩せてダイエット効果があったなどと言われています。

しかし、グルテンフリーはそもそもグルテンアレルギーの人のための食事療法。
アレルギーのない人に対しての健康増進効果は医学的には証明されていないようです。
むしろ、グルテンを摂取しないことによって体調に良い変化を感じるのであれば、気づかなかっただけでグルテンアレルギーを持っているのかもしれません。

ただ、グルテンと先述の糖質は似て非なるものですが、共通するものもあります。
そのため、グルテンを摂取しないことで、自然と糖質の摂取量も減り、それがダイエット効果や美容効果につながっている可能性もあります。

実際、パンや精白糖、加工食品、うどんやパスタなどの小麦食品などを食べ過ぎるとカラダが重く感じたり、便秘になりやすく腸内環境が乱れていると感じることも。
グルテンをちょっとずつ減らして、腸内環境をしっかり整えることは肌質の改善や、健康改善に繋がるかもしれません。

置き換えで無理なくグルテンフリー

置き換えで無理なくグルテンフリー

「最近パンやうどん、パスタばかりを主食にしている」という方は、アレルギーではなくてもグルテン過多かも。

今は小麦粉の代わりに米粉を使っていたり、グルテンフリーの食品にも簡単に出会うことができます。
自分でも、パンではなくお米にしてみる、スイーツ類はケーキ類ではなく和菓子を選んでみるなど、ストレスなくグルテンフリーを選ぶこともできます。

肌荒れが気になる、ちょっとカラダが重いなという方も、2週間を目安にグルテンを控えてみてください。
2週間続けてみて自分の体調や状態が良いように変化するのであれば、グルテンフリーが合っている証拠。ぜひ試してみてくださいね。

堀希和子

2007年に上智大学外国語学部英語学科を卒業後、国際線客室乗務員として勤務。
その後転職し、一部上場企業代表取締役社長秘書を経験。
現在は、結婚を機に退職し、コラムライターやwebデザイナーとして活動中。
子育てをしながら、「ママでも美しく楽しく」をモットーに、美ライフスタイルを追及中。

関連記事

11月ボディーズキャンペーン
12月ボディーズキャンペーン
ダイエットプロテイン

ボディーズとは

Column コラム