お試しレッスン
予約
Web入会の
ご案内
イベント
予約

ニキビができやすい肌におすすめの食事・栄養 ニキビができやすい肌におすすめの食事・栄養

マスク生活が続いていますが、マスクの下はニキビができやすくなっています。
できれば、ニキビができる前に阻止したいですよね。

ニキビ肌にならないためにはスキンケアも大切ですが、カラダの中から整えること、つまり食事や栄養のバランスをしっかりと考えることが大切です。
ニキビ予防に効果を期待できる食事や栄養についてお話します。

ニキビができにくくなる条件と適した栄養素

ニキビができにくくなる条件と適した栄養素

ニキビができにくくなるにはいくつかクリアしなくてはいけない条件があります。今回は、主に4つの条件について考えてみます。

・肌のターンオーバーを整える
・皮脂を詰まらせず、肌の新陳代謝を促す
・血行を促進させて肌荒れ解消を助ける
・肌のバリア機能低下を防ぐ

これらは、スキンケアはもちろん、食事から摂取する栄養で条件クリアに近づきます。そして、各条件クリアに最適な栄養素もお伝えします。

・肌のターンオーバーを整える→ビタミンA
・皮脂を詰まらせず、肌の新陳代謝を促す→ビタミンB2・ビタミンB6
・血行を促進させて肌荒れ解消を助ける→ビタミンE
・肌のバリア機能低下を防ぐ→ビタミンC

その他、肌の材料となるタンパク質ももちろんマストで摂取したい栄養素。また、腸内環境が荒れて便秘になると肌に影響するので、便秘改善にも効果の期待できる食物繊維もしっかり摂取しましょう。

おすすめ栄養素が含まれた食材

おすすめ栄養素が含まれた食材

次に、先ほどおすすめした栄養素が含まれている食材もご紹介します。

・ビタミンA→ニンジン、カボチャ、ブロッコリー、モロヘイヤなど
・ビタミンB2→納豆、卵など
・ビタミンB6→カツオ、サケ、バナナなど
・ビタミンE→ナッツ類、アボカドなど
・ビタミンC→レモン、キウイなど
・タンパク質→大豆製品、魚類、肉類など
・食物繊維→海藻類、キノコ類、イモ類など

こう見ると、日常的に食べているものが多くないですか?頑張って取り入れよう!と気負わなくても口にしやすいものばかりなので、ぜひ毎日の食事の参考にしてみてください。

個人的におすすめなのが、アボカド丼。在宅ワークのランチタイムにもすぐ作れて、上記の食材をふんだんに使えるメニューです。
使う食材は、焼き海苔、アボカド、納豆、卵ととてもシンプル。味のアクセントにサーモンや明太子を加える時もあります。全てご飯に乗っけて食べるだけ。3分とかからない時短メニューでありながら、栄養もばっちり補えておすすめ!

食事や栄養の他に気をつけることは?

食事や栄養の他に気をつけることは?

ニキビ対策のため、すでにスキンケアなどは頑張っている方も多いはず。私も、保湿を欠かさないことと、肌を擦らないことなど、意識的に気をつけています。

食事や栄養素にもこだわり、スキンケアも頑張っているなら、あと気をつけたいのは睡眠。肌は睡眠中に細胞分裂を活発に行うので、良質な睡眠はニキビ対策にとってとても大切です。睡眠不足にならないことと、ぐっすり眠れる環境を整えるようにしましょう。

また、ストレスも大敵。ストレスを感じる時には意識的にリラックスできる方法を見つけておくといいですね。それでもニキビができてしまった時は、触らない、潰さないのが鉄則!早めに皮膚科を受診してプロに頼るのもありです。

食事を整えて体内からニキビケア

食事を整えて体内からニキビケア

ニキビケアというと、スキンケアのように外からのアプローチに気を囚われやすくなりますが、実は中からのアプローチもとても大切。
必要な栄養素を食事からしっかり摂取することで、カラダの中から肌を整える土台を作りましょう。

食事からのインナーアプローチはすぐに結果が出るものではないですが、続けることで結果につながるはず。ぜひ、必要な栄養素を意識して毎日の食事から整えていきましょう!

堀希和子

2007年に上智大学外国語学部英語学科を卒業後、国際線客室乗務員として勤務。
その後転職し、一部上場企業代表取締役社長秘書を経験。
現在は、結婚を機に退職し、コラムライターやwebデザイナーとして活動中。
子育てをしながら、「ママでも美しく楽しく」をモットーに、美ライフスタイルを追及中。

関連記事

11月ボディーズキャンペーン
12月ボディーズキャンペーン
ダイエットプロテイン

ボディーズとは

Column コラム