お試しレッスン
予約
Web入会の
ご案内
イベント
予約

生理の不調を緩和したい!生理痛対策にもおすすめの食べ物 生理の不調を緩和したい!生理痛対策にもおすすめの食べ物

ただでさえ辛い生理期間。人によっては、生理痛や貧血など、生理による不調を抱える方も少ないかもしれません。私も生理痛は薬に頼ってしまっているのですが、できれば薬もあまり飲まずに症状緩和に努めたいですよね。

生理痛や生理中の不調対策におすすめとされている食べ物を集めてみました。

生理で起こる不調とは

生理で起こる不調とは

生理が原因で起こる不調は人それぞれですが、多く言われているのが生理痛、貧血ではないでしょうか。

女性は、毎月妊娠に備えて子宮内膜が厚くふわふわになっていきます。しかし、妊娠に至らないと、その厚くなった子宮内膜が剥がれ、経血として排出されます。その際に子宮が収縮することで生理痛の原因に。

また、経血量が多い人は鉄分不足によって貧血症状になることも。むくんだり、お腹が張ったり、肌荒れ、だるさなどの症状に悩む人も。その他にも、ホルモンバランスが崩れることでイライラしたり情緒不安定になるという精神的な不調を抱える人もいるかもしれません。

生理中の不調対策におすすめ!マグネシウムを含んだ食べ物

生理中の不調対策におすすめ!マグネシウムを含んだ食べ物

食べ物は薬と違って即効性があるわけではないので、必ずしも生理中の不調が治るとは限りませんが、カラダは食べ物でできています。だからこそ、生理中に不調を感じるのであれば食べ物には気をつけたいところ。特に、子宮収縮を抑制する作用があるとされているマグネシウムを摂取するのがおすすめ。
マグネシウムを多く含む食材や食べ物をご紹介します。

大豆製品

大豆製品にはマグネシウムが豊富に含まれています。豆腐、納豆、豆乳と摂取方法もバリエーション豊富なので、口にしやすいのではないでしょうか。また、大豆製品には女性ホルモンであるエストロゲンと同じ働きをする大豆イソフラボンも多く含有されています。
大豆イソフラボンによって、崩れたホルモンバランスを整える働きが期待できるので、生理痛だけではなく情緒不安定やイライラに悩まされる方も積極的に摂取したい食材です。

牡蠣

これからの季節、スーパーでも手に入りやすくなるのが牡蠣。牡蠣にもマグネシウムが多く含まれています。
生牡蠣も美味しいですが、あたってしまうリスクを考えると加熱した牡蠣がおすすめ。牡蠣鍋や牡蠣フライ、また同じくマグネシウムを多く含むほうれん草と一緒にソテーやグラタンにしてもいいですね。

さつまいも

秋冬の食材として人気のさつまいもも、マグネシウムが多く含まれている食材の一つ。食物繊維も豊富なので、腸の働きを整える作用も期待できます。

生理中に食べたいおすすめメニュー

生理中に食べたいおすすめメニュー

先にご紹介したものだけではなく、他にもマグネシウムを多く含んだ食材があります。また、カラダを温める食材、鉄分が多く含まれる食材も一緒に摂取するとさらに良いですね。このような食材を含んでいて、秋冬の食材で作れるおすすめメニューをご紹介します。

・玄米
・納豆
・ほうれん草の胡麻和え
・さつまいものお味噌汁
・牡蠣のバターソテーあるいは牡蠣グラタン

玄米もマグネシウムが豊富な食材。納豆やお味噌汁で大豆製品を摂取し、ほうれん草、さつまいも、牡蠣でさらにマグネシウムも摂取可能!ほんの一例ですが、少しだけ意識してメニューを考えたいですね。

食事で生理中の自分をケア

食事で生理中の自分をケア

たかが食事、されど食事。カラダは摂取した栄養素が元になっていることを考えれば、やはりカラダに良いもの、そのときに必要なものを口にしたいですよね。生理中はココロもカラダも不安定になりやすいので、ぜひ自分をケアできるような食事を心がけましょう!

堀希和子

2007年に上智大学外国語学部英語学科を卒業後、国際線客室乗務員として勤務。
その後転職し、一部上場企業代表取締役社長秘書を経験。
現在は、結婚を機に退職し、コラムライターやwebデザイナーとして活動中。
子育てをしながら、「ママでも美しく楽しく」をモットーに、美ライフスタイルを追及中。

関連記事

9月ボディーズキャンペーン
10月ボディーズキャンペーン
ダイエットプロテイン

ボディーズとは

Column コラム