お試しレッスン
予約
Web入会の
ご案内
イベント
予約

砂糖はカラダに良くない!?噂の真相や料理に使える砂糖の代わりになるものを解説 砂糖はカラダに良くない!?噂の真相や料理に使える砂糖の代わりになるものを解説

最近よく聞く「砂糖はカラダに良くない」説。 実際、どうしてカラダに良くないとされているのか、砂糖の代用品としてのおすすめアイテムなど、砂糖にまつわる疑問を解説します。

砂糖にまつわる色々な噂は本当?カラダによくないと言われる理由は?

砂糖にまつわる色々な噂は本当?カラダによくないと言われる理由は?

砂糖、いわゆる上白糖に関しては、さまざまな悪い噂を耳にします。「砂糖は漂白されている」、「砂糖を食べると骨や歯を溶かす」など、見聞きしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。他にも噂はありますが、先程の二つに関してはあくまで噂であり事実ではありません。 上白糖は白く見えるだけで、実は無色透明です。雪の結晶と一緒で、結晶の表面で光が乱反射することで白く見えているのが本当のところ。 また、「砂糖を食べると骨や歯を溶かす」と言うのも昔から言われている俗説ではありますが、こちらも根拠のないただの噂。 ただし、砂糖の摂取は健康にリスクがあるのも事実です。もちろん、摂取しすぎると、というのが前提ではありますが、糖尿病になるリスク、体内の老化を促進させてしまうカラダの糖化などが考えられます。砂糖依存症という甘いものがやめられない依存症になることも。 砂糖自身を悪と捉えるより、摂取量をコントロールすることが大切。そして、料理には砂糖の代わりに使えるアイテムがたくさんあります!それらのアイテムを活用することで、更なるヘルシーライフを目指せます。

料理に使いたい砂糖の代わりになるおすすめアイテム

料理に使いたい砂糖の代わりになるおすすめアイテム

砂糖以外にも使えるアイテムはたくさんあります。精製されていない黒糖やきび砂糖を選ぶのも選択肢の一つですし、てんさい糖もおすすめ。砂糖よりもミネラルが豊富とされています。ただし、同じ茶色い砂糖でも三温糖は上白糖がカラメル化しているだけなのでご注意!

砂糖の代わりに使えるアイテム:ハチミツ

砂糖の代わりに使えるアイテム:ハチミツ

とても身近で簡単に代用できるのが、ハチミツ。砂糖と違い、血糖値を急激に上げずに保ってくれます。砂糖より甘みを感じやすいので、砂糖の代用として使う場合は量を砂糖の8割位にするのがポイント。また、1歳未満の乳児に与えることはできないので、お子様がいるご家庭の方はお気をつけください。

砂糖の代わりに使えるアイテム:糀甘酒

砂糖の代わりに使えるアイテム:糀甘酒

発酵食品で、砂糖は不使用ですが自然の甘みがあります。ビタミンやミネラルも豊富に含まれており、“飲む美容液”とも言われているくらい栄養価が高いと言われています。砂糖の代用として使う場合は、砂糖の約2倍を入れるのがおすすめ。コクや旨み成分もあるので、煮物などはみりん要らずに!もちろんそのまま飲んでも美味しいですし、ノンアルコールなのでお子様にも安心です。

砂糖の代わりに使えるアイテム:メープルシロップ

砂糖の代わりに使えるアイテム:メープルシロップ

カルシウムやカリウムなどのミネラルが多く含まれ、亜鉛が他の糖類より豊富なのも特徴。炭水化物も少ないので、カロリーも抑えられます。自然な甘さがどんな料理にも合うので、ハチミツの独特の風味が苦手という方にもおすすめ。 この他、アガベシロップや米飴などもおすすめ!ぜひお料理によって使い分けてみてくださいね。

砂糖以外の選択肢も知ってヘルシーに甘味と付き合うム

砂糖以外の選択肢も知ってヘルシーに甘味と付き合う

今は砂糖以外の選択肢も豊富にあり、自分たちで選べる時代。和食には甘酒や米飴、洋食にはメープルシロップやアガベシロップ、お菓子にはハチミツなど、お料理に合わせて甘味を選んで、ヘルシーに甘みと付き合っていきたいですね。

堀希和子

2007年に上智大学外国語学部英語学科を卒業後、国際線客室乗務員として勤務。
その後転職し、一部上場企業代表取締役社長秘書を経験。
現在は、結婚を機に退職し、コラムライターやwebデザイナーとして活動中。
子育てをしながら、「ママでも美しく楽しく」をモットーに、美ライフスタイルを追及中。

関連記事

9月ボディーズキャンペーン
10月ボディーズキャンペーン
ダイエットプロテイン

ボディーズとは

Column コラム