お試しレッスン
予約
Web入会の
ご案内
イベント
予約

自家製コンブチャの基本の作り方。自宅で簡単に腸活を始めよう! 自家製コンブチャの基本の作り方。自宅で簡単に腸活を始めよう!

腸内環境を整える腸活効果があるとして話題のコンブチャ。欧米では、スーパーなどさまざまな場所で手に入れることができますが、日本では欧米ほど流通していません。そこで、コンブチャを自家製で作ってみるのはいかがですか?コンブチャを作るのに必要な材料やレシピを解説します。

コンブチャとは?飲んで得られる効果は?

コンブチャとは?飲んで得られる効果は?

コンブチャとは、お茶を発酵させた植物性の発酵ドリンクです。紅茶にスコビーと言われる菌種と砂糖を加え、発酵させて作ります。

コンブチャは発酵ドリンクなので、腸内環境を整える効果があるとされ、注目を集めています。腸内で良い働きをして、便秘改善や便秘改善からの肌荒れや肌質改善にも繋がります。

また、コンブチャの抗酸化作用にも注目。老化、がん、生活習慣病、そしてシワ、シミなどの原因にもなる活性酸素からカラダを守ってくれる働きをすると言われています。

健康面、またアンチエイジングなどの美容面から考えても、コンブチャ人気が高まっている理由が分かりますね。

自宅でコンブチャを作る方法

自宅でコンブチャを作る方法

実際に自宅でコンブチャを作る際の材料、アイテム、レシピ、そして注意点をお話します。

コンブチャの材料
コンブチャの材料は意外とシンプル。主に必要なのは以下の3つです。

・紅茶
・砂糖
・スコビー

紅茶はハーブが入っていないブラックティーであれば、自分の好きなものを選んでOK。アールグレイやダージリンだとクセもなく、香り高く飲みやすいです。緑茶で代用することもできます。緑茶自身もカテキンが含まれていてスーパーフードの1種なので、さらに栄養面も高まりそうですね。

砂糖は白砂糖でもいいですが、きび砂糖の方がミネラル含有量が多くなります。

一番手に入りにくそうなのがスコビーですが、こちらはインターネットで購入することが可能です。

コンブチャ作りに必要なアイテム

コンブチャを作るためには、以下のアイテムを揃えましょう。

・ガラス瓶
・蓋として使用するガーゼあるいは布
・ガーゼあるいは布を締める紐や輪ゴム

ガラス瓶は100円ショップやバラエティショップでも手に入れることができます。使用する際は、必ず洗浄、乾燥させます。耐熱であれば煮沸消毒をしましょう。

ガーゼあるいは布は、瓶の蓋代わりに使用します。瓶に付属している蓋で密閉してしまうと、発酵が進み過ぎてしまい瓶が割れるなどのリスクがありとても危険です。

必要なアイテム自体は簡単に手に入るものばかりなので安心です。また、インターネットでは、材料とアイテムを一緒に購入できるスターターキットも販売されているので、そちらを利用するのもいいですね。

コンブチャの作り方

材料とアイテムを揃えたら、早速コンブチャを作りましょう!

・お湯1Lを沸かし、紅茶を作ります。
・紅茶に砂糖を加え、常温まで冷まします。
・常温に冷めた紅茶にスコビーを入れます。スコビーは培養液に入っているので、培養液もそのまま入れましょう。
・ガーゼと紐を使って蓋をします。
・常温の場所で直射日光を避け、10日間(夏場)から14日間(冬場)ほど発酵させます。
・出来上がり!

コンブチャを作る際の注意点

主な注意点は2つあります。1点目は、衛生環境。自分自身の手洗い、消毒はしっかり行ってから作ることはもちろん、コンブチャを作るガラス瓶も作る前にしっかり消毒しましょう。また、発酵環境にも注意が必要です。コンブチャの中には微生物がいて、発酵によって変化していきます。冬であれば暖房が入りっぱなしの温かい部屋に放置しないことや、直射日光に当てないことを守りましょう。

2点目は、必ずガラス容器を使うことです。発酵が進むと中に空気がたまって破裂してしまう可能性があります。プラスチックやペットボトル容器は使わないようにしましょう。

コンブチャでキレイを習慣づけて

コンブチャでキレイを習慣づけて

コンブチャは、材料とアイテムさえ揃えれば意外と簡単に作ることができます。塩麹などを手作りしたことある方であれば、作る過程や発酵の過程もほぼ同じです。発酵食品の手作りの楽しみは、少しずつ育てていくこと。毎日ちょっとずつ変化していくのを観察しながら出来上がりを待ってみてください。できあがった頃には、自分で育てた嬉しさもプラスされるはず!

コンブチャは、デトックス、抗酸化、腸内環境への働きなど、女性にとって嬉しいドリンク。ぜひ、コンブチャを飲んでキレイと健康を習慣づけたいですね。

堀希和子

2007年に上智大学外国語学部英語学科を卒業後、国際線客室乗務員として勤務。
その後転職し、一部上場企業代表取締役社長秘書を経験。
現在は、結婚を機に退職し、コラムライターやwebデザイナーとして活動中。
子育てをしながら、「ママでも美しく楽しく」をモットーに、美ライフスタイルを追及中。

関連記事

1月ボディーズキャンペーン
2月ボディーズキャンペーン
ダイエットプロテイン

ボディーズとは

Column コラム