お試しレッスン
予約
Web入会の
ご案内
イベント
予約

ジム用とランニング用はどう違う?知っておきたい運動靴の選び方 ジム用とランニング用はどう違う?知っておきたい運動靴の選び方

ジムやランニングでは普段の生活で履くおしゃれなスニーカーは適さないだろうということは皆様ご存知のことかと思います。
さらに言うと、厳密にはジム用の運動靴とランニング用の運動靴は違うものを選んだ方がベター。

今回は、それぞれの運動靴の選び方をまとめます。

ジムに適した運動靴とは

ジムに適した運動靴とは

ジムでは、ランニングなどの有酸素運動と筋トレなどの無酸素運動の両方のトレーニングをするかもしれません。 そのため、重視したいのはクッション性、安定性、そしてフィット感です。 筋トレの際には、安定性とくるぶし部分がしっかりグリップされるものを選べば、踏ん張っても大丈夫。そして、動きやすい適度なフィット感やランニングマシーンなどでも使いやすい軽量性も大切。オールマイティな運動靴が求められます。さらに、ジムは室内を想定しているので、ソール部分が滑りにくい設計になっているものを選びましょう。滑りにくくすることで、ケガ防止のメリットになります。

ランニングに適した運動靴とは

ランニングに適した運動靴とは

先ほどお話したジム用運動靴でも、十分にランニング用として使えます。ただ、ランニング用に特化するならば、注目したいのは更なるクッション性。ランニングは常に地面を蹴っているので、地面に足が着くときにはとても大きな衝撃がかかっています。膝や足首のケガを防ぐためにも、クッション性は重要視しましょう。また、長い距離でも疲れずに走るためには、軽量性も必要。軽いシューズで走れば足を軽快に運ぶことができます。長い距離、あるいは長時間走ると言う方は、軽量性も重要視して選んでくださいね。最近はおしゃれなランニングシューズもとても増えています!普段履きのおしゃれスニーカーをランニング用にすることはおすすめできませんが、ランニングシューズを普段履きで愛用するのは足元のおしゃれの幅が広がりそう。

オンラインで買うより店舗で買うのがおすすめな理由

オンラインで買うより店舗で買うのがおすすめな理由

もう一つ大切なのは、サイズ感がしっかり合っているか。大きすぎると安定性に欠けますし、小さすぎると足が痛くなるリスクがあります。足のサイズは長さだけではなく横幅も考慮する必要があります。幅広さんは、細身のデザインを選んでしまうと圧迫されて痛みを感じるかもしれません。そのため、なるべくオンラインではなく店舗に出向いて試着した上で購入するのがおすすめ。サイズさえちゃんと分かれば、その後オンラインで買っても良いですね。サイズで失敗した!とならないように、試着はマストです。

機能性だけではなく「好き!」も大切

機能性だけではなく「好き!」も大切

ジム用であれランニング用であれ、運動靴はスポーツする上でとても大切な相棒となるアイテム。サイズ、フィット感、安定性、軽量性などの機能性はもちろんですが、自分の気持ちが上がるようなデザインやカラーも大切。スポーツを続けるモチベーションにもつながります。ぜひ、「コレ!」と思える1足に出会えるといいですね。

堀希和子

2007年に上智大学外国語学部英語学科を卒業後、国際線客室乗務員として勤務。
その後転職し、一部上場企業代表取締役社長秘書を経験。
現在は、結婚を機に退職し、コラムライターやwebデザイナーとして活動中。
子育てをしながら、「ママでも美しく楽しく」をモットーに、美ライフスタイルを追及中。

関連記事

9月ボディーズキャンペーン
10月ボディーズキャンペーン
ダイエットプロテイン

ボディーズとは

Column コラム