お試しレッスン
予約
Web入会の
ご案内
イベント
予約

夏のオイリー肌対策!化粧水やスキンケアの選び方などおすすめ保湿方法を解説 夏のオイリー肌対策!化粧水やスキンケアの選び方などおすすめ保湿方法を解説

夏が近づき、一層ジメジメ、蒸し蒸しした日が続きます。
気になるのは、すぐにテカってベタつくオイリー肌。
せっかくのメイクもすぐに崩れてしまいますよね。

オイリー肌になる理由や、オイリー肌こそ実践したいおすすめスキンケア方法、保湿方法をお話します。

肌がオイリーになる理由は?

肌がオイリーになる理由は?

ベタついたり、テカったり、特に夏に気になるオイリー肌。
もちろん全員の肌に当てはまるわけではありませんし、夏は誰でもオイリー肌に傾きやすい季節です。

ただ、このように肌がオイリーになるのは過剰な皮脂分泌によることが多いとされています。
では、なぜ過剰な皮脂分泌が起こるのでしょうか。それは乾燥が原因のことがほとんど。

オイリー肌=乾燥とは想像しにくいかもしれません。
肌が乾燥し、水分と油分のバランスが崩れると、肌の水分を守ろうとして皮脂が分泌されます。
結果的に水分量は増えずに油分だけが増えて、オイリー肌に傾いてしまうことに。

オイリー肌の場合、保湿はしなくても良い、さらにベタつきそうであまり保湿したくないと考える方も多いですが、保湿こそが大切です。

内側からも外側からも保湿!

内側からも外側からも保湿!

スキンケアにおいては、皮脂を取りすぎないケアに重点を置きましょう。

まずは、洗顔しすぎないこと。
洗顔した後に突っ張るような状態は危険です。
肌の皮脂を洗い流しすぎないようなクレンジングや洗顔料を選ぶことが大切。

ゴシゴシと力を入れてしまって洗顔したりタオルドライをすると、摩擦でさらに肌の潤いを奪ってしまうので要注意!
また、洗顔後は、化粧水、乳液、クリームという基本的なスキンケアを行いましょう。
その際、保湿成分であるヒアルロン酸などが配合された軽めの化粧水を選ぶと、水分をしっかりと肌に補給できます。

クリームでの保湿も大切ですが、シアバターなどが配合された重めのクリームだと、毛穴をふさいでしまう原因になってしまいます。
こちらも、少し軽めのテクスチャーを選ぶのがおすすめです。水もこまめに飲み、内側からも潤うように。インナードライを防ぎたいですね。

あぶらとり紙よりもティッシュオフ

あぶらとり紙よりもティッシュオフ

日中のテカリ対策には、ティッシュオフが有効です。
あぶらとり紙だと見た目に皮脂が取れて、肌がまたキレイになったように見えますが、皮脂を取りすぎてしまうことも。

皮脂を取りすぎてしまうと、足りなくなった皮脂をさらに分泌しようと働き、よりオイリーになってしまうリスクがあります。
ティッシュで優しく肌を抑えるだけでも、余分な皮脂を取ることができます。

また、皮脂を取った後は必ず保湿するようにしましょう。
オイルインのミスト化粧水や、スティック状の保湿美容液などはお出かけにもぴったりです。

夏でもサラサラ肌を目指して

夏でもサラサラ肌を目指して

そもそも他の季節に比べると、どうしてもオイリーに傾きやすい夏の肌。
洗顔においても、日中のケアにおいても取りすぎないことをキーワードに、皮脂分泌をコントロールして適切な油分量をキープしましょう。

さらに、スキンケアではしっかり水分を補給し、潤いを肌に閉じ込めて。暑い夏本番でもテカらずにサラサラの肌を目指したいですね!

堀希和子

2007年に上智大学外国語学部英語学科を卒業後、国際線客室乗務員として勤務。
その後転職し、一部上場企業代表取締役社長秘書を経験。
現在は、結婚を機に退職し、コラムライターやwebデザイナーとして活動中。
子育てをしながら、「ママでも美しく楽しく」をモットーに、美ライフスタイルを追及中。

関連記事

11月ボディーズキャンペーン
12月ボディーズキャンペーン
ダイエットプロテイン

ボディーズとは

Column コラム