お試しレッスン
予約
Web入会の
ご案内
イベント
予約

ダイエット中でも食べたい!太りにくいおすすめのパンや食べ方を解説 ダイエット中でも食べたい!太りにくいおすすめのパンや食べ方を解説

ダイエット中にはなるべく避けたいのが糖質が多いパン。

でも、パンって特別の美味しさがあり、全く食べずに過ごすのは寂しいですよね。
我慢していると思うと、余計にダイエットが辛くなったりも。

今回は、ダイエット中にもおすすめの太りにくいパンや太りにくい食べ方を解説します。

なんでパンは太りやすいの?

なんでパンは太りやすいの?

そもそも、なんでパンは太りやすいのでしょうか?

まずは、原料に小麦粉を使っていることが挙げられます。
ご存知の通り、過度な糖質の摂取は太ることに繋がってしまいます。

その他にも、バターなどの脂質、乳製品など、比較的太りやすい原材料が使われています。
その上、色パンにはジャムを塗ってしまったり、菓子パンを選んでしまったりと、さらに太りやすい要因が重なりやすくなります。

また、美味しいけど腹持ちがあまり良くなく、一度に何個ものパンを食べてしまって、気づいたら過度に糖質や脂質を摂取してしまっていることも。
とはいえ、美味しいパンは日常生活の彩り。

全部無くしてしまうのではなく、太りにくいパンを選んだり、太りにくい食べ方を考えてダイエット中でも我慢しすぎないようにしてみませんか?

太りにくいパンの選び方

太りにくいパンの選び方

ダイエットは頑張りたい!でも、美味しいパンも食べたい!

そんな方は、太りにくいパンを選ぶところからスタートしましょう。
例えば、とっても美味しいのですがクロワッサンやパン・オ・ショコラなどはダイエット向きではありません。

デニッシュ生地にはバターがふんだんに使われており、それが美味しさの秘密であるものの、太る原因になってしまいます。
噛み応えのあまりない柔らかいふわふわなパンも、満足感を得られにくく、その分個数を食べてしまうのでおすすめできません。

美味しいですが、菓子パンもNG。ダイエットに向いている太りにくいパンは、バゲットやハード系のパン。
固めのパンは咀嚼回数が自然と増えるので、少量でも満足感を得やすいです。

また、小麦ではなくライ麦や全粒粉、ふすまなどを原材料としているパンを選ぶのもおすすめ。
最近では、コンビニでもこのようにダイエットに適した低糖質パンを選ぶことができます。

選択肢が増えたことで、ダイエット中は絶対にパンを食べないという考えから、ダイエットにも大丈夫なパンを選ぼうという考え方にシフトできるようになってきましたね。

太らないようにパンを食べるには?

太らないようにパンを食べるには?

朝ご飯をパンだけにする、ランチをパンだけにする、などパンだけでお腹をいっぱいにしようとするのはおすすめできません。

サラダやヨーグルトと一緒に食べるなど、他の栄養素もバランス良く摂取できるようにメニューを調整してみましょう。
特に、食物繊維が豊富な野菜を一緒に食べることで、脂質の体内吸収を抑制してくれます。

パンだけに偏らず、たくさんの野菜を一緒に食べて、太るのを防ぐようにしましょう。
また、食べる順番も大切。

パンに限らないですが、最初に炭水化物を摂取すると急激に血糖値が上昇し、余分なカロリーを吸収してしまうことに。
野菜やスープを最初に食べて、パンは最後に食べる、など食べる順番をコントロールするだけでも違います。

ジャムやたっぷりのバターなども今は我慢。
ダイエット視点では、何もつけずにパンの美味しさを味わうように食べるのがおすすめです。

ダイエット中でも美味しくパンを食べよう!

ダイエット中でも美味しくパンを食べよう!

いくらダイエット中とはいえ、大好きなパンを急にやめるのはストレスになります。

そのストレスでさらに暴飲暴食へとなってしまったら本末転倒。
ダイエットに適したパン、太りにくい食べ方を選び、ダイエット中でもパンと上手に付き合っていきましょう。

堀希和子

2007年に上智大学外国語学部英語学科を卒業後、国際線客室乗務員として勤務。
その後転職し、一部上場企業代表取締役社長秘書を経験。
現在は、結婚を機に退職し、コラムライターやwebデザイナーとして活動中。
子育てをしながら、「ママでも美しく楽しく」をモットーに、美ライフスタイルを追及中。

関連記事

11月ボディーズキャンペーン
12月ボディーズキャンペーン
ダイエットプロテイン

ボディーズとは

Column コラム