お試しレッスン
予約
Web入会の
ご案内
イベント
予約

女性の7割が悩んでいるという“冷え症”私も季節問わず手足の末端が冷たくて、特に冬は1日に2度湯船に浸かるほどでしたが、最近は毎日のレモン白湯の効果か体の中から温めることによって温まりやすくなってきました!
レモン白湯についてはこちらでご紹介しています。

冷え症には大きく4つのタイプがありそれぞれに原因や改善方法が違います。今回は多くの女性を悩ます“冷え症”のタイプ別改善方法をお伝えしていきますね^^

四肢末端型

手足やその先が冷えやすい四肢末端型の冷え性は、10代から20代の若い女性の中でも、やせ形や過度なダイエットを行っている女性に多く見られます。

<特徴>
●手足やその末端が冷える
●しもやけや立ちくらみ、ニキビ、月経トラブルが起こりがちです
●筋肉量の低下しています
●冷えと同時に肩こりや頭痛を感じやすい

過度なダイエットなどによって食事量が不足すると、体を温める熱を生み出すエネルギーが足りない状態に。その結果、手足の末端まで血流が行き渡らなくなってしまうのです。

<改善ポイント>
●ウォーキングや筋トレ
●湯船につかる。足湯や手浴もおすすめ
●夜更かしはしないようにする
●スマホで目を酷使しないよう注意
●プルーン、ナツメ、クコの実などのドライフルーツ、黒豆、黒ゴマ、ひじきなどの黒い食材がおすすめ

熱下寒型

気や血のめぐりが悪く、滞った状態で上半身がのぼせて、下半身が冷えるタイプ。顔のほてりで冷えとは気づきにくいため注意が必要です。

<特徴>
●手は温かいが、足は冷たい
●上半身に汗をかきやすい
●イライラ、頭痛、顔のほてり、肩こり、肌荒れのほか、月経トラブルや便秘が起こることもある
●寒い場所ではふくらはぎや足先が冷えやすい

デスクワークなど、長時間座った状態では、お尻をはじめとした下半身の筋肉が硬直し、足の血の巡りが滞ってしまい、下半身の冷えを引き起こしてしまうのです。運動不足によって下半身の筋肉が衰えている場合も、このタイプの冷え性が考えられます。

<改善ポイント>
気を静めるために深呼吸
●足湯、下半身浴で下半身を温める。岩盤浴もおすすめ
●スクワットなどで下半身の筋肉を強化する
●長時間同じ姿勢を続けない
●冷飲・冷食、甘いもの、高脂肪のものを控える
●青魚、野菜、酢などがおすすめ

内臓型

「隠れ冷え性」とも呼ばれる内臓型は、30代以降の女性に多く見られます。ぽっちゃり体型の方や食欲旺盛な方も、実はこのタイプの冷え性であるケースが多いといわれています。このタイプの冷え性は、次のような症状が特徴的です。

<特徴>
●手足や体の表面は温かいけれど、お腹が冷えやすい
●厚着をしていても体の冷えを感じる
●寒い場所では下腹部や太もも、二の腕が冷えやすい
●冷えと同時にお腹の張りを感じやすい

内臓型は手足や体の表面には冷えを感じにくいため、自覚できないケースも少なくありません。

<原因>
●過去に腹部の手術を経験したため、血流が悪くなっている
●生まれつき寒くても血管が収縮しにくいため、熱が外へ逃げやすい体質である
●ストレスが溜まり、自律神経が乱れている
●体を冷やす飲食物を摂取しがちである

<改善ポイント>
●腹部やみぞおちを腹巻きやカイロで温める
●温かい食べ物をとる
●冷飲・冷食を避ける

全身型

全身型は、体内の熱生産が低下し、新陳代謝が低下。その結果、全身が冷えるタイプ。季節を問わず寒さを感じます。若者や高齢者に多く見られ、自覚症状がないケースも。

このタイプの冷え性のおもな症状としては、一年中冷えを感じていることから、冷えの自覚症状が乏しいという特徴があります。

<原因>

●不摂生や食事量の不足などによる基礎代謝の低下
●体質や服用薬の影響などによって、全身が冷えてしまうケースもあります

<改善ポイント>
●睡眠を十分にとり、休息する
●軽めの有酸素運動、ウォーキング
●冷飲・冷食を避け、温かく消化の良いものを腹八分目で食べる
●雑穀、イモ、キノコ、たんぱく質(魚・肉)を忘れずに
●ショウガ、ネギなどの陽性(体を温める性質)食品を積極的にとる

万病の元と言われる“冷え症”
専門外来も年々増えているほど多くの女性が悩んでいます。ご自身のタイプを知り、改善ポイントを抑えて万年冷え症から脱却しましょう!

ビューティーコンサルタント
栗田加奈子
美容師・ブライダルスタイリスト・カラーリスト・イメージコンサルタントとして 23年間で10,000人以上の女性をプロデュース 百貨店や大手企業では、「第一印象力アップ講座」や(誰からも愛される)「しぐさ美人レッスン」など講師としても活動している。 (プライベートでは)2児の母として、“食”と“日本文化”を大切にした日常をおく り、光文社 STORY の読者モデル・公式デジタリストとしても心豊かな Life style をテーマにした記事を発信している。

 

Column コラム