お試しレッスン
予約
Web入会の
ご案内
イベント
予約

風邪やインフルエンザ予防・乾燥や冷えも気になるこの季節。女性のいろんな悩みを解消してくれる“レモン白湯”が注目されているのをご存知でしょうか?人気モデルや海外セレブが実践していると話題ですが、私も2週間の朝レモン白湯にチャレンジしてみました!レモンの力や朝レモン白湯にどんな効果があったのかご紹介していきます^^

レモンの効果

レモンといえば、まず思い浮かべるのは美肌成分のエースといわれるビタミンCの効果ですよね。
*ビタミンCは、メラニン生成を抑えて美白効果や大人のニキビを改善したり喉の痛みを軽減したり疲労回復を助ける効果があります。
その他にも
*アンチエイジング効果のある“ポリフェノール”
*新陳代謝UP でダイエット効果や、冷え性の改善効果のある“クエン酸”
*リラクゼーション効果のある“リモネン”
*塩分や老廃物の排出を促す“カリウム”
など健康にも美容にもいい効果がいっぱい詰まっています。

こんなにもたくさんの効果をもたらすレモンですが、日本人の平均レモン摂取量は「2か月に1個」とかなり少ないそうです。もったいないですよね><
料理にはもちろんですが、ここからはとっても手軽に取り入れられるレモン白湯についてご紹介しますね。

朝レモン白湯の効果

1:便秘解消

白湯だけでも温かいお湯が優しく胃腸に働きかけて腸のぜん動運動を改善しますが、さらにレモンを加えると便通の解消に役立つことが分かっています。

2:冷え性体質を改善する
レモンの成分であるクエン酸には、代謝を上げて体温の上昇を促す効果が期待できます。内臓から血流が促進することによって、じんわりと身体の外側にまで血流が促され、芯からポカポカと温まります。

3:疲労回復効果

レモンの香りには「レモリン」という成分が含まれていて、気持ちを落ち着けてリラックスさせる効果があります。このレモリンは食欲抑制にも効果的なんです。

<レモン白湯・材料と作り方>
お湯:200ml
レモン汁:小1~2杯
以上を混ぜればOK!

ポイントはお湯を沸騰してからそのまま15分煮立たせ、人肌まで冷ます(ウォーターサーバーのお湯ならそのままでOK)レモンは無農薬のレモンを皮を下にして絞る(なければ市販のレモン果汁でも○)
味が苦手な方は、はちみつや生姜・シナモンなどを加えると美味しくなります。

私が“朝レモン白湯”を2週間続けた結果

下腹ー2cm
体重ー0.7kg
1番の効果は胃腸が温まりお通じがよくなったこと♡
毎朝飲んでいた珈琲からレモン白湯に変えるだけでお腹周りがスッキリしてきたのでこれからも続けていこうと思います^^ ただし、レモン白湯は多くても1日2杯まで。
レモン果汁は胃腸に刺激を与えやすいので、あまり摂取しすぎると胃腸が弱ってしまいます。ご注意ください。
朝の習慣を変えて少しずつ体質改善してみましょう!

youtube エクササイズ動画

Column コラム