お試しレッスン
予約
イベント予約

最近、ストレス解消法として注目を集めている“涙活(るいかつ)”みなさんご存知ですか?
「涙活」とは、意識的に泣くことでストレス解消を図る活動のこと。しかし、ただ泣けば良いというわけではありません!そこで今回は、話題の「涙活」を通して、どのような涙を流せばストレスの解消につながるのかをご紹介していきます。

心をスッキリさせたいときには“涙活”

涙活とは能動的に涙を流し、心をキレイにする活動のこと。涙を流すことは、身体を落ち着かせる副交感神経を活性化するため、リラックス効果が得られるといいます。その仕組は、涙を流すと、人間の自律神経が緊張や興奮を促す交感神経が優位な状態から、脳がリラックスした状態である副交感神経が優位な状態にスイッチが切り替わる。これが一言でいうと、ストレス解消の仕組みになります。

どんな風に泣けばいいの?

とはいえ、「泣くこと」には「悲しい」「弱い」などネガティブなイメージがあるので、涙活に抵抗を感じる人も多いのではないでしょうか。同じストレス解消をするのなら「笑うこと」のほうが楽しく、ポジティブで明るいイメージがあるので、「どうせなら笑ったほうがいい」と思う人もいるかもしれません。 以前、こちらのコラムでも
「笑顔がもたらすスゴイ効果!
として笑顔から得る効果をご紹介しています。
ところが、ストレス解消だけをクローズアップすると「笑うこと」よりも「泣くこと」のほうが、脳内への血流量が多くなるため、副交感神経への刺激も大きく、ストレス解消の効果も高いのです。

どれぐらいの効果があるの?

「1粒涙を流しただけで、ストレス解消効果は1週間続く」という科学的なエビデンスも出てきました! たくさん涙を流すほど、ストレスが解消し、心の混乱や怒り、相手への敵意も改善するということは、科学的にも裏づけがあるのです。
さらに、泣くことで副交感神経が活発化するため、起きている状態でも睡眠をたっぷりとったようなリラックス感が得られるそうです。

効果的な“涙活”ってどうすればいいの?

まず、心を落ち着けてリラックスしましょう。人の自律神経は、交感神経と副交感神経で成り立っていますが、「感情解放の涙」は、副交感神経の働きによるものです。副交感神経は「リラックスしているとき」「休息しているとき」「眠っているとき」に働きます。

リラックスしたら、映画や朗読などの鑑賞をしましょう。そこで展開される世界に感情移入することで、日常生活の中で抑圧されていた感情を自然と解き放つことができれば、悲しみや苦しみが浄化されて快感(カタルシス)を得ることができます。

難しいことは知らなくても、悲しいことや悔しいことがあったとき、思いっきり泣くと、スッキリして、心が前向きになれることってありませんか?私は非常に涙もろくドラマや映画・ドキュメンタリーを見てもすぐ涙してしまうのですが、思いっきり泣いた後はとってもスッキリする経験を幾度となくしてきました。

ポジティブな感情で流す涙は、最も心身をスッキリさせるデトックスツール。コロナウィルスの影響により、お花見や歓送迎会の中止など早く帰る日も多くなっている今こそ、泣ける映画や小説、漫画を見たり読んだりして、質の良い涙をたくさん流しましょう!!

「感動の涙」は、人間だけが神様から与えられた宝物です。出会いや別れの多い春。悲しくても涙を我慢せずどっぷりと感情のままないてみるのもいいものですよ^^ その後は、きっと清々しい気持ちで前向きに新しい一歩を踏み出せるはず!!

 

ビューティーコンサルタント
栗田加奈子
美容師・ブライダルスタイリスト・カラーリスト・イメージコンサルタントとして23年間で10,000人以上の女性をプロデュース百貨店や大手企業では、「第一印象力アップ講座」や(誰からも愛される)「しぐさ美人レッスン」など講師としても活動している。(プライベートでは)2児の母として、“食”と“日本文化”を大切にした日常をおくり、光文社STORYの読者モデル・公式デジタリストとしても心豊かなLifestyleをテーマにした記事を発信している。