お試しレッスン
予約
イベント予約

外が暑くなればなるほど、建物の中やお店や乗り物は薄手の羽織りものがないと「寒い」と感じるほど冷えていますね。

ここ数日寝ている間に足をつることがありました・・・
まだ7月なのに完全に“夏冷え”です。


夏に起こりやすい不調の原因は“冷え”からくるものが多いといわれています。
今回はそんな“夏冷え”を解消するポイントなどをご紹介していきますね。夏冷え対策をしてこの夏を元気に乗り切りましょう!

“夏冷え”によって起きる症状は

大きな特徴は「足のむくみ」です。
足の筋肉が少ない女性が、冷房のきいた室内で座りっぱなしでいると、冷気が足先から熱を奪うだけでなく、血液を押し戻す力が足りないために余分な水分がたまりむくみとなります。

その他にも、頭痛・肩こり・胃痛・全身のだるさ・イライラ・下痢や整理不順など様々な不調をまねきます。

“夏冷え”の原因は?

そうめんやアイスクリームやビールなど、1日を通して冷たいものを摂る機会が増えたり、長時間エアコンのきいた部屋にいたりと、夏は内臓が冷えます。

ただでさえ暑さで体力を消耗し疲れやすい状態に、内臓の冷えが加わると、カラダは体温を維持しようとして、血管は収縮します。
そのため、血の巡りが悪くなり、カラダの末端である手足から冷えていきます。

その他にも、暑い屋外とエアコンが効いた室内との温度差も、体調不良の原因になります。体温を調節する交感神経が働き続けるため、自律神経のバランスが崩れるからです。

“夏冷え”を解消するポイントは!

では、どこにいても逃れられない“夏冷え”をどうやって解消するのがいいのでしょう。毎日簡単に実践できるものを3つご紹介していきますね。


①入浴で解消
暑いとシャワーでさっと済ませがちですが、やはり湯船に浸かることは冷え対策には効果的!
お湯の温度は37°Cくらいで、10~20分ほどの「ぬるめ入浴」がおすすめ^^
全身の血行が促され、体にこもった熱を効率的に逃がせるので、お風呂上がりや寝苦しい夜も涼やかに過ごすことができ、交感神経も休まるので快眠にもつながります。好きな香りの入浴剤を使えば、リラックス感がさらに高まりますね♫

②食事で解消
暑いときは、氷の入った冷たい飲み物やさらっと食べられる物が欲しくなりますが、体の内からも温めケア。食べ物・飲み物の温度に気を配ってみましょう!
温かい味噌汁やスープなど、食事の時に汁物を摂るようにしましょう。それだけで、カラダの内側からじんわり温まります。とろみがついていると、温め効果が長く続きます。

体を温めるおすすめ食材の「生姜」については、こちらのコラムにも詳しく載ってますのでこちらを参考にしてみてください。

③運動で解消
夏こそ筋肉の量を増やして基礎代謝をアップ!筋肉は、ポンプのような機能で温かい血液を全身に送っています。

冷えにくい体をつくるには、筋肉の量を増やすことが重要です。

女性は男性よりも筋肉量が少ないので冷えやすいのですが、特にデスクワークの多い方は、体を支える大きな筋肉の腹筋や背筋(はいきん)、太ももの筋肉を意識して代謝を高めましょう。
トレーニングが難しくても、仕事の合間や寝る前のストレッチなど適度な運動も効果的です!

毎日のほんの少しの意識と工夫で、カラダは温まり、健康になっていきます。
温まる心地良さを感じながら、セルフケアを習慣化して、夏冷え体質を改善していきましょう。

 

ビューティーコンサルタント
栗田加奈子
美容師・ブライダルスタイリスト・カラーリスト・イメージコンサルタントとして 23年間で10,000人以上の女性をプロデュース 百貨店や大手企業では、「第一印象力アップ講座」や(誰からも愛される)「しぐ さ美人レッスン」など講師としても活動している。 (プライベートでは)2児の母として、“食”と“日本文化”を大切にした日常をおく り、光文社 STORY の読者モデル・公式デジタリストとしても心豊かな Life style をテーマにした記事を発信している。

 

 

Bodiesを体験予約 コラム一覧に戻る