お試しレッスン
予約
イベント予約

何気ないしぐさは、時に言葉や外見以上にその人の印象を左右します。
「作法」を重んじる日本人は所作に敏感で、物をドサっと乱暴に扱ったり、座っている時の足元がだらしないだけでその人の性格までもアバウトなのでは・・・と感じてしまうもの。

特に年を重ねると大人の女性としてTPOに合わせた立ち居振る舞いができていないと恥ずかしい思いをする場面も出てきます。

ほんの少しの意識とコツを実践すれば、周りからの印象をガラリと変えることができますよ!
今回は、明日からすぐ使える“しぐさ美人”になるためのコツをご紹介していきますね!


美しい所作の基本


まず振る舞いで意識するのは『先の先』そう体の末端です!!!
ここを意識すると気品のある立ち居振る舞いになります。

1つ目は、先日のコラムでもご紹介しています姿勢
(詳しくはこちらをご覧ください^^)

頭の先は
上から吊られているような意識がポイント体の中心に一本芯が通っているイメージで、
肩甲骨を寄せ合い腹筋も意識してピンと背筋を伸ばします。凛とした美しい印象に!
(猫背だとそれだけで暗い印象に見えるので注意)


2つ目は、足先
膝をしめる(閉じる)のがポイント!

足先や膝を意識すると上品に見え、
体をしっかり相手の正面に向けることで真摯な態度に(特に座っている時の膝が開いているとだらしなく見えます。電車では特に注意してください!)




そして3つ目は、人の目に触れやすい指先。

これは本当に女性らしい“しぐさ美人”に見せる要素なので覚えてください^^
手のひらを上に向け、卵を乗せるイメージで少し丸くする。
指先(中指から小指)は揃え、少し人差し指を下に離すのがポイント☆指先を揃えることで、物を丁寧に扱う礼儀正しい印象になります。(指を開いているとガサツな印象になるので注意)

手の所作は“人差し指”で変わる!


・名刺交換
・物を渡す
・乾杯(グラスを持つ)
・来客のご案内(方向を指し示す)
・カバンを持つ
・ドアの開閉
・スマートフォンの操作
・肌のお手入れ

などなど・・・
ありとあらゆるシーンで全て
基本の手の形で行えば美しく見えるのです!

ここで重要なのは、
極力“人差し指”を使わないようにすること!!
えっ?じゃあどうするの??となるんですが、スマホの操作やエレベーターのボタンを押すときなどは指先を揃えて、中指を使うようにしてみてください。
それだけで見違えるほど丁寧な印象を与えることができます^^ (くれぐれも小指が立ってしまわないようご注意を)

一緒にいて気持ちがよく感じのいい女性は
振る舞いや言葉にも心がこもっているもの♡

日常の動作は、ついつい気が緩みがちなところですが
この3つを毎日意識して少しずつ習慣にしてみてください。(私は慣れるまで、人差し指に絆創膏を巻いて意識していました!)
大人の女性として、どこにいてもパッと目を引く
華やかなしぐさ美人になれますよ♫

 

ビューティーコンサルタント
栗田加奈子
美容師・ブライダルスタイリスト・カラーリスト・イメージコンサルタントとして 23年間で10,000人以上の女性をプロデュース 百貨店や大手企業では、「第一印象力アップ講座」や(誰からも愛される)「しぐ さ美人レッスン」など講師としても活動している。 (プライベートでは)2児の母として、“食”と“日本文化”を大切にした日常をおく り、光文社 STORY の読者モデル・公式デジタリストとしても心豊かな Life style をテーマにした記事を発信している。

 

 

Bodiesを体験予約 コラム一覧に戻る