お試しレッスン
予約
Web入会の
ご案内
イベント
予約

低気圧で頭痛が起こるのはなぜ?痛みを緩和するおすすめの方法も解説 低気圧で頭痛が起こるのはなぜ?痛みを緩和するおすすめの方法も解説

春は気持ち良い気候が続くかと思いきや、時折春の嵐に見舞われることも。そんな日に頭痛に悩まされる方はいませんか?筆者は、毎回ではなくても気圧が急激に下がると頭痛や吐き気で体調不良となることがよくあります。低気圧で頭痛が起こる理由や、痛みを緩和するおすすめの方法もお伝えします。

低気圧で頭痛や不調が引き起こされる理由

低気圧で頭痛や不調が引き起こされる理由

雨、台風の前日や、急激に気圧が変化した時に頭痛を感じる方。それは低気圧頭痛かもしれません。筆者も、毎回ではなくても、天気が悪化するタイミングでズキズキとした頭痛や、吐き気、めまいなどに悩まされています。気圧が急激に下がると、体内の水分バランスが乱れ、体内に水分がたまりやすくなります。つまり、むくんでいる状態です。カラダがむくむと血管が拡張し、周りの神経を刺激して炎症を起こしやすくなります。まさに脈打つようにズキンズキンとした頭痛が引き起こされます。また、気圧が低下することで自律神経のバランスが崩れやすくなり、頭痛と共にめまいや吐き気などの不調を引き起こすこともあります。

低気圧頭痛を緩和するおすすめの方法

低気圧頭痛を緩和するおすすめの方法

もし、気圧が下がるたびに頭痛がひどいという方は、気圧予報をあらかじめ調べておくことをおすすめします。今はアプリでも気圧が分かる時代。いつ頃気圧が下がるかというのが分かれば、対策が立てられやすいですよね。厄介なことに私は毎回というわけではないので、いつ頭痛がくるのか予測ができません。それでも、気圧予報は見ておくようにしています。

早めの鎮痛剤
頭痛を感じた時には、やっぱり鎮痛剤が有効です。飲みすぎたり常用することはおすすめできませんが、低気圧頭痛を感じた際にはすぐに飲むことで作用を感じられます。ひどくなる前に早めに飲むことで効果を実感しやすいとされています。

カフェインのドリンクを飲む
普段カフェインは積極的に摂らないのですが、低気圧頭痛の時にはカフェインドリンクを飲むようにしています。カフェインには、拡張した血管を収縮させ、頭痛を和らげる作用があるとされています。カフェインを摂りすぎるのは良くないので、コーヒー1杯くらいの量で十分です。

衣服は緩める
頭痛と共に吐き気やめまいを伴ったり、頭痛がひどいとそれだけで気持ち悪くなったり、吐き気を催したりします。そのため、可能な限り衣服は緩めてあげましょう。下着やスカートやパンツなどの締め付けが強いものはなるべく外して、安静にするのがおすすめです。

低気圧頭痛と上手に付き合っていく

低気圧頭痛と上手に付き合っていく

低気圧頭痛は、個人差もあり、上手に付き合っていくしか方法がありません。それでも、なるべくなら不調は回避したいもの。天気予報や気圧予報はまめにチェックすることや、鎮痛剤は痛みの始まりのタイミングで飲むようにする、気圧が下がりそうなときは予定を入れずに安静に過ごすようにするなど、自分なりの不調回避や不調緩和方法も見つけておきたいですね。気持ちの良い初夏の後には梅雨が待っています。その時に焦らなくていいように、準備しておきましょう!

堀希和子

2007年に上智大学外国語学部英語学科を卒業後、国際線客室乗務員として勤務。
その後転職し、一部上場企業代表取締役社長秘書を経験。
現在は、結婚を機に退職し、コラムライターやwebデザイナーとして活動中。
子育てをしながら、「ママでも美しく楽しく」をモットーに、美ライフスタイルを追及中。

関連記事

11月ボディーズキャンペーン
12月ボディーズキャンペーン
ダイエットプロテイン

ボディーズとは

Column コラム