お試しレッスン
予約
Web入会の
ご案内
イベント
予約

ヨガの効果とは? 簡単にできるポーズや効果を高めるコツを解説! ヨガの効果とは? 簡単にできるポーズや効果を高めるコツを解説!

女性でも続けやすく、おうち時間を利用してできるフィットネスやトレーニングの一つとも言え、人気も高いヨガ。ヨガの効果や、初心者でも簡単にできるポーズや効果を高めるコツを解説します。

ヨガのカラダへの嬉しい効果

ヨガのカラダへの嬉しい効果

ヨガは、全身を使います。インストラクターの方を見ていると軽々とポーズを取っているように見えますが、全身の様々な筋肉を使ってポーズを取っています。その結果、筋肉量がアップすることで基礎代謝量がアップし、痩せやすいカラダ作りに繋がります。また、普段使わない筋肉を使ってポーズも取るので、柔軟性が高まることも期待できます。ヨガではポーズを取る際の呼吸も大切です。腹式呼吸で意識的に呼吸をするので、大量の酸素を体内に取り入れることができます。その結果、血流促進も期待できます。冷え性の方などは、血流が滞っている可能性が高いので、ヨガを続けることで血流が良くなり、冷え性も良くなることが期待できます。

ヨガはメンタル面にも効果あり

ヨガはメンタル面にも効果あり

カラダだけではなく、メンタル面にも効果が期待できるのがヨガの特徴です。特に意識したいのが、ヨガの呼吸法です。先述のように、ヨガでは腹式呼吸を行い、息を吸う際には大量の酸素を体内に取り込みます。それにより副交感神経が優位になり、リラックス状態になります。ヨガでは瞑想の時間もあります。暝想することで、自分自身の心と向き合い、心を落ち着かせる効果があります。ヨガの時間を通じて、カラダだけではなく心もデトックスできますね。

初心者にも簡単!太陽礼拝のポーズ

初心者にも簡単!太陽礼拝のポーズ

ヨガの初心者にもおすすめなのが、太陽礼拝のポーズ。ヨガをやろうと思ったことがある方なら聞いたことがある名前のポーズかもしれません。

①まずは足を閉じて、あるいは軽く開いて、真っ直ぐに立ちます。
②息を吸いながら両腕を伸ばして上げ、手を合わせます。
③息を吐きながら、手を床まで下ろします。(前屈)
④息を吸いながら胸を上げ、背筋を伸ばします。
⑤息を吐きながら片足ずつ大きく後ろに下げ、カラダと床が平行な状態にします。
⑥息を吸いながらカラダを起こし、足はまっすぐ伸ばして足の甲で床を押して伸びます。
⑦息を吐きながらダウンドックの姿勢へ。背筋と膝を伸ばし、お尻を高く上げます。

ポイントは呼吸を止めないことです。また、体が硬い人は無理し過ぎず、手が床につかない場合は足首を持つなど、工夫してみてください。やってみたら分かりますが、この太陽礼拝のポーズだけでも全身を使います。体全体を使うので血液の回りが良くなり、むくみの解消や冷え性改善が期待できます。筆者も、朝起きた時はストレッチを兼ねて太陽礼拝のポーズを続けるようにしています。

ヨガの効果を高めるコツ

ヨガの効果を高めるコツ

ヨガをすることで、血流が良くなります。せっかくなので、先にカラダを温めてから行うと、さらに末端まで血液が巡りやすくなります。ホットヨガも温めることで効果を高める狙いがありますね。自宅でやるなら、おすすめは玄米カイロと白湯です。私は玄米カイロでお腹周りをじんわりと温めてからポーズを取るようにしています。そして、ヨガをする前には必ず白湯を一杯飲むようにしています。そうすることで、手先や足先までしっかりと血液が巡り、カラダが温まります。ホットヨガに行かなくても、自分で巡りやすい環境を整えることができますよ。

ヨガで心とカラダが整う

ヨガで心とカラダが整う

ヨガが他のスポーツと一味違う点は、心のリラックスやデトックスにも重きを置いているところではないでしょうか。ポーズを取ることで全身の筋肉をバランス良く使い、そこに腹式呼吸が加わることで心もスッキリさせる効果が期待できます。筋トレなどを頑張ろうとすると瞬間的に呼吸を止めてしまうこともありますが、ヨガでは呼吸を止めずに意識的に続けることがとても大切ですよね。少し辛いなというポーズでも、呼吸に集中しているとちょっとずつポーズが安定していったりもします。心とカラダは繋がっているなということが分かり、心も身体も整うのがヨガの良いところですね。

堀希和子

2007年に上智大学外国語学部英語学科を卒業後、国際線客室乗務員として勤務。
その後転職し、一部上場企業代表取締役社長秘書を経験。
現在は、結婚を機に退職し、コラムライターやwebデザイナーとして活動中。
子育てをしながら、「ママでも美しく楽しく」をモットーに、美ライフスタイルを追及中。

関連記事

11月ボディーズキャンペーン
12月ボディーズキャンペーン
ダイエットプロテイン

ボディーズとは

Column コラム