お試しレッスン
予約
Web入会の
ご案内
イベント
予約

ダイエットを決意したならば、一番効果があるのは運動と食事であることは誰もが分かっているはず。
どんな運動なら効果的なのか、痩せるための運動方法や、効果を出すコツをお話します。

痩せるための運動方法とは

痩せるためには、2種類の運動方法を組み合わせることが効果的と言われています。
それが、有酸素運動と無酸素運動です。

有酸素運動とは、酸素をエネルギーとして、体内の糖質や脂肪を燃焼させる運動です。
ランニングや水泳が有酸素運動に当てはまります。

無酸素運動とは、腹筋やスクワットなどの筋トレです。
筋トレによって筋肉量が増えることで基礎代謝量が上がり、より痩せやすいカラダへ導くことができます。

ボディラインにメリハリをつけたい!などのボディメイクにも筋トレが有効です。
筋トレによってエネルギーを消費しやすいカラダにし、有酸素運動によってさらに脂肪を燃焼させる。
この2種類の運動を組み合わせることが痩せるには大切です。

痩せ効果を高める日常生活のコツ

有酸素運動と無酸素運動を組み合わせての運動習慣を身につけよう!と思っても、日常生活が忙しいとなかなか効率的に実行できないかもしれません。
そのため、日常生活でも取り入れられる痩せ効果も実践してみましょう。

例えば、階段を使う時、しっかりかかとまでつけて昇ります。
かかとまでつけることで、お尻周りの大臀筋を効率よく鍛えることができます。
美尻効果も期待できますし、大きな筋肉をトレーニングすればするほど、筋トレの効果も高まります。

また、歩く時のスピードもポイント。
だらだら歩くより、少し息切れするくらいのスピード感で颯爽と歩く方が運動効果が高まります。

また、歩く時の姿勢も要注意。
お腹にしっかり力を入れて背筋をピンと伸ばして歩きましょう。
歩くだけでも、日々の代謝量がアップし、痩せ効果が高まります。

また、有酸素運動と無酸素運動を効率よく取り入れているのが、女性専用フィットネスジムのBodies。
1回30分で有酸素運動と無酸素運動を繰り返すので、ジムに通ってダイエットしたい女性にはおすすめです。

痩せ効果を高める日常生活のコツ

私たちの体は食べたもので出来上がっているので、ダイエットにおいても運動と同じくらい食事の質が大切です。 炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルの五大栄養素はどれもとても大切なので、極端に糖質を制限する、などの食事はあまり良くはありません。 それよりも、バランス良く食べることや、糖化を避けるために食べる順番に気をつけること、寝る直前に食べないこと、などがダイエット効果を考えると大切になります。 選ぶなら和食がおすすめです。 また、間食は絶対しない、アルコールは絶対に飲まないなどの禁止事項を設けるとストレスになり、ストレスの反動から食べ過ぎてしまうこともあるので、ルールは厳し過ぎず、チートデーを作って気持ちを落ち着かせることも大切です。

運動と食事で痩せ効果アップ

痩せるためには、有酸素運動と無酸素運動を取り入れることが一番の近道です。
どちらも実践することで痩せ効果がアップします。

また、階段の昇り降りや歩くスピードなどは、日々の生活にも取り入れられて運動の代わりにもなるものです。
本格的に運動する時間はない、と思った方もぜひ取り入れてみてくださいね。

食生活もストイックになり過ぎず、栄養バランスを基本として、糖化しにくいカラダ作りを目標にすると、自然と痩せ体質になれるはず。

ぜひ、日々の運動方法と食事を見直して、ダイエット効果を高めましょう!

堀希和子

2007年に上智大学外国語学部英語学科を卒業後、国際線客室乗務員として勤務。
その後転職し、一部上場企業代表取締役社長秘書を経験。
現在は、結婚を機に退職し、コラムライターやwebデザイナーとして活動中。
子育てをしながら、「ママでも美しく楽しく」をモットーに、美ライフスタイルを追及中。

関連記事

11月ボディーズキャンペーン
12月ボディーズキャンペーン
ダイエットプロテイン

ボディーズとは

Column コラム