お試しレッスン
予約
Web入会の
ご案内
イベント
予約

冬が近づき、空気が乾燥してきました。お部屋の中も暖房をつけているとさらに乾燥しますよね。
空気が乾燥すると、喉が痛くなったり風邪を引きやすくなったりします。
また、気をつけたいのが、カラダの乾燥です。
カラダがかゆいという方は要注意!冬の乾燥に負けないカラダの保湿ケア方法をお話します。

乾燥するとカラダがかゆくなるのはなぜ?

お肌のスキンケアは頑張っていても、カラダの保湿ケアはさぼりがちという方も多いのでは?
カラダの保湿ケアをさぼってしまうと、この乾燥した空気や寒さの中では、お肌の水分量が保てずに蒸発してしまいます。
また、加齢とともに皮脂量の分泌は低下していくとされています。
適度な皮脂量は、お肌を乾燥から守るバリア機能を果たしてくれますが、そのバリア機能が低下することで乾燥の原因になってしまいます。
そして、お肌が乾燥してカサカサになると、敏感肌になってしまったり、かゆみの原因になります。
筆者自身、乾燥がひどく、またダメだと思いつつ掻いてしまい、足には掻き傷が残ってしまったところもあります。経験上、かゆいのは止められず、掻いてしまうことが多く、後から後悔することに!
そうなる前に、しっかりとかゆみを引き起こす乾燥からお肌を守りましょう。

カラダを乾燥させないお風呂の入り方

乾燥のポイントは、入浴です。
お風呂は湿度もあり、潤いをキープできるイメージですが、入浴方法を間違ってしまうと乾燥の原因になります。
まず、お湯の温度が熱すぎる方は要注意!シャワーや湯船の温度は40度より下げて、皮膚への刺激をなるべく少なめにしましょう。
また、カラダを洗うときはスポンジはなるべく使わず、手で優しく触れるだけ。ゴシゴシこすると皮膚に摩擦が起こり、肌の表面が傷ついてしまい、乾燥の原因になってしまいます。洗浄力の強すぎるボディソープは使わず、潤い成分配合のものを選ぶようにするか、お湯だけでも汚れは落ちると言われています。
また、入浴後のタオルでごしごし拭くのもNG。できれば古いゴワゴワのタオルは避け、肌触りの良いふわふわのタオルで水分を押さえるようにします。

保湿はスキンケアの流れで

お風呂上がり後すぐに顔のスキンケアをする方は、その流れでカラダの保湿ケアも忘れないようにしましょう。
ここでカラダの保湿ケアをしないでパジャマを着てしまうと、その後やるのが必ずと言っていいほど億劫になってしまいます。
筆者は、顔のスキンケアで余った化粧水やクリームを使って、首やデコルテなどの上半身の保湿を終わらせてしまいます。それから、全身にボディクリームを塗ります。
お風呂上がりの濡れているカラダにオイルを馴染ませるのもいいですね。
顔の場合、化粧水をすることでその後の乳液やクリームの浸透が良くなりますが、カラダも一緒です。
可能な限り、ボディローション、その後にクリームやバームを重ね塗りするのがおすすめです。

生活習慣を見直してみる

生活習慣の乱れがお肌の乾燥につながるということは、顔のスキンケアから考えると当然かもしれません。
美肌を目指そうとすると、バランスの良い食生活、質の良い睡眠、内側からの潤いなどを心がけるはずです。
カラダの乾燥対策も一緒です。
生活習慣が乱れ、栄養がお肌に行き渡らなくなると、乾燥の原因になり、その乾燥によってお肌のかゆみを引き起こしてしまいます。
生活習慣の見直しは、美肌のためだけではなく、お肌の健康を保つためにも重要ですね。

冬の乾燥とかゆみからお肌を守る

顔のスキンケア、そして手洗いが励行されるようになった分、ハンドケアには力を入れているという方も多いはず。
それと同じくらい、カラダの保湿ケアにも気をつけてみましょう。
お肌の乾燥は、かゆみや湿疹などの肌トラブルに直結します。
正しい保湿ケアで、皮膚のバリア機能を高めて、冬の乾燥とかゆみに負けないお肌作りを目指したいですね。

堀希和子

2007年に上智大学外国語学部英語学科を卒業後、国際線客室乗務員として勤務。
その後転職し、一部上場企業代表取締役社長秘書を経験。
現在は、結婚を機に退職し、コラムライターやwebデザイナーとして活動中。
子育てをしながら、「ママでも美しく楽しく」をモットーに、美ライフスタイルを追及中。

関連記事

11月ボディーズキャンペーン
12月ボディーズキャンペーン
ダイエットプロテイン

ボディーズとは

Column コラム