お試しレッスン
予約
Web入会の
ご案内
イベント
予約

寒さが本格的になり、冬の到来を感じる季節になりました。寒くなると、気になるのが体の冷え。
体の中から温めるためにも、温活に良い飲み物で体の巡りを良くしましょう。
温活におすすめの飲み物・甘酒についてその効果やおすすめの飲み方をご紹介します。

飲み物で体の中から温活

ゆっくりお風呂に浸かることで血流を良くしたり、適度な運動で代謝を上げることも温活の一つ。
首、手首、足首の”3首”を冷やさないというのも、温活の基本です。
そして、日常的に意識したいのが体の中からの温活。
冷たい飲み物は飲まずにホットドリンクを飲む、代謝が上がる食べ物や飲み物を積極的に摂ることが温活に繋がります。
特にオススメしたいのが、栄養価も高い甘酒です。

甘酒の嬉しい効果

「飲む点滴」とも言われ、近年注目度の高い甘酒。その理由は、豊富な栄養素にあります。
甘酒にはビタミンB1や葉酸などのビタミン類が豊富であり、また、私たちが摂取すべき必須アミノ酸9種類が全て含まれています。
麹からなる発酵食品なので、腸内環境を整える効果も期待できます。
また、甘酒には体を温めるだけではなく、保温持続効果があるとされていて、温活にはぴったりのドリンクです。
甘酒の原材料には米麹と酒粕の2種類がありますが、米麹のほうが甘くて飲みやすいという方が多いかもしれません。
米麹はノンアルコールで葉酸も豊富なので、妊婦さんには特におすすめ。小さなお子様も安心して飲むことができます。

冷えに効果的な甘酒の飲み方

甘酒を温めて飲むだけでも体が温まりますが、そこに生姜をプラスしてみましょう。
生姜は加熱することで、体を芯から温める効果があります。
甘酒と一緒に加熱していただくと、温活効果が高まりますね。
また、冬のフルーツの代表であるみかん。みかんの皮やすじの「ヘスペリジン」という成分には、血流の改善作用があります。
みかんを丸ごと絞ったり、ミキサーにかけて甘酒と一緒にいただくことで、温活効果がさらに高まります。

甘酒で体の中から温活

甘酒は栄養素も高く、腸内環境を整えることで美容効果も期待できます。
体を温める食べ物と一緒にいただくことで、温活効果も高まり、女性にとっては嬉しい飲み物ですね。
これから寒さが本格化するので、温かい甘酒で体の芯から温め、元気に冬を乗り切りましょう。

堀希和子

2007年に上智大学外国語学部英語学科を卒業後、国際線客室乗務員として勤務。
その後転職し、一部上場企業代表取締役社長秘書を経験。
現在は、結婚を機に退職し、コラムライターやwebデザイナーとして活動中。
子育てをしながら、「ママでも美しく楽しく」をモットーに、美ライフスタイルを追及中。

関連記事

11月ボディーズキャンペーン
12月ボディーズキャンペーン
ダイエットプロテイン

ボディーズとは

Column コラム