お試しレッスン
予約
Web入会の
ご案内
イベント
予約

湿度が下がり、空気が乾燥するシーズンの到来。
冬の肌悩みNO1は、乾燥による肌のかゆみ。春や夏には感じなかった肌トラブルに悩まされる方も多いと思います。そこで今回は「乾燥肌」について。原因やそれぞれの場所での対策を知り、この冬は乾燥しらずのお肌を目指しましょう!

乾燥肌の原因とは?

急激に湿度が低下する10月から11月を境目に、肌はとても乾燥しやすい状態になるといわれています。乾燥肌を招いてしまうおもな原因は肌のバリア機能の低下によるもの。その要因も様々です。

●冷房・暖房の長時間利用による空気の乾燥
エアコンは空気中の水分も吸収してしまいます。そのため、エアコンを長時間使用すると、空気は乾燥し肌のバリア機能も低下しやすくなってしまうのです。

●紫外線によるダメージ
肌の一番外側にある角質層は、特に紫外線のダメージを受けやすいため、これも肌のバリア機能を低下させる大きな原因となります。

●間違ったスキンケアや入浴
毎日の洗顔で肌をこすりすぎている、体を洗う際にナイロンタオルなどで肌を強くこする、洗浄力が強すぎる石鹸や洗顔料を使っているなど、日々のスキンケアや体の洗い方なども、肌のバリア機能が低下する原因となってしまうケースがあります。

●ビタミンB群の不足
肌への悪影響が出やすいのは、ビタミン類の不足です。特にビタミンB群には、肌のターンオーバーサイクルを正常に維持する働きがあるため、積極的にとりたい栄養素です。

シーン別乾燥肌対策

<オフィス編>
職場で実践しやすい乾燥肌対策としては、メイク直しの際にスプレータイプの化粧水を使って保湿する方法が簡単です。しかし、このケアには落とし穴が!
化粧水をスプレーしただけでは、化粧水が蒸発するときに肌の水分も合わせて蒸発してしまうため、余計に乾燥してしまうことになるのです。職場で化粧水ミストなどによる保湿ケアをする場合は、さらに上から乳液やクリームなどの油分でフタをすることで、水分の蒸発を予防しましょう^^原始的な方法ですが、コップに水を入れたまま放置し、蒸発させるのも人がいる狭い場所をピンポイントで加湿する方法です。

<自宅編>
しっかりとスキンケアをしていても、家の中の空気が乾燥していると、乾燥肌は改善されず悪化してしまいます。
湿度が50%以下になると空気は急激に乾燥するので、自宅では各部屋(リビングや寝室)で加湿器を使用するのがオススメ!暖房や冷房を長時間使用していても空気は乾燥してしまうため、エアコンを使う際は加湿器を併用します。
石油ストーブは水蒸気を出すので暖房器具もいろいろ選びたいですね。

<屋外編>
肌を守るために、外出の際はマスクを活用する。気をつけたいのは、一般的な不織布タイプのマスクは、肌を摩擦して刺激を与えてしまうので、オーガニックコットンなど肌触りが優しく天然油分による保湿効果のあるマスクを選ぶことで肌を傷付けず、保湿効果も得られるのでオススメです!

毎日の生活の中にできることから取り入れて、習慣にすることでこの冬は乾燥肌に悩まされず過ごしていきたいですね。

9月秋得入会キャンペーン

youtube エクササイズ動画

Column コラム

▶︎ お試しレッスンはこちら(無料) ▶︎ お試しレッスンはこちら(無料)