お試しレッスン
予約
イベント予約

頭痛や首の凝り、目が疲れるなどの不調を感じていませんか。
日中、パソコンや携帯をよく使う方に多いお悩みですが、首や肩のマッサージをしても改善されない…なんて時は、頭皮のマッサージをしてみてはいかがでしょう。
頭も顔も、同じ1枚の皮膚でつながっています。頭皮が硬くなることで血行不良などが起きると、顔や体の皮膚にも影響が出てきます。顔のたるみやむくみが気にな っている方にもオススメの、普段の生活に取り入れられる簡単な頭皮ケアについてご紹介していきます。

頭皮マッサージで期待できる5つの効果

頭皮マッサージをすることで、頭皮を柔らかくし、血行が良くなることで、のような効果があるとされています。

1) 抜け毛の予防
2) コリ・重みの解消

3) たるみの引き締め効果

4) 眼精疲労の回復
5) リラックス効果


首や肩などと比べるとなかなか気づけない部分かもしれませんが、頭皮も硬く凝ることがあります。
頭皮が凝ってくると、頭部を中心にして目の周りなどに重みやだるさを感じるようになりますが、これもすべて血液の流れが停滞してしまうことが原因。頭を丁寧にマッサージして、頭皮も心もリフレッシュさせましょう!

マッサージするとなぜ眠くなる?

美容室やエステなどで頭皮マッサージをしてもらうと、心地良くて不思議と気持 ちが落ち着いてきたり、ついつい眠くなったりすることがありますよね?
実はこれ、ちゃんとした医学的根拠がある現象なのです。
マッサージを行うと、血の巡りを良くするため血管が拡張されます。血管が拡張 すると必然的に血圧が下がるので、イライラが治まったり、リラックスして眠くなったりするというわけです。心の安定はストレス解消にもつながるので、結果ホルモバランスを整える効果も期待できます。

毎日5分!自宅で簡単頭皮マッサージ

頭皮マッサージは、決して難しいものではありません。気持ちいいと思える程度の力加減で、無理なく続けることが大切です。

1) 爪を立てず、指の腹で刺激することを意識してください。

2) 側頭部から頭頂部へ耳のすぐ上辺りに指を当てて頭皮をしっかりと押さえ、頭皮を動かすようなイメージでもみながら上下させてください。(目安は1箇所で6回程度)

3) そのまま少しずつ上へずらして同じ作業を繰り返し、頭頂部まで動かします。
4) おでこの中央から、人差し指・中指・薬指3本を当てて上下に動かします。そのまま生え際にそって移動し、耳の手前まで頭皮を動かしてください。その後、こめ かみに手のひらを当てて、円を描くようにゆっくりと揉みほぐします。

5) 最後は、頭皮全体を指先でポンポンと叩くように刺激します。5本全ての指を使って、リズミカルに叩いていきましょう。

時間がない方はツボ押し効果を!

頭や耳にはツボがたくさんありますが、自分でも押しやすく、血行促進効果・リラックス効果・眼精疲労の回復効果することが期待できる2つのツボをご紹介します!

百会(ひゃくえ)

効果:血圧の安定・めまい・立ちくらみ、乗り物酔い、二日酔いなどに効き目があるとされています。自律神経系の調整をするので、リラックス効果もあり、寝違えや首・肩こりなどにも有効です。
場所:頭のてっぺん、耳と鼻を延長線上で結んだところに位置します。

角孫(かくそん)

効果:目の疲れ、耳鳴りや耳の痛み、首すじから頭部にかけてのこわばりに効き目があるとされています。頭痛・頭重、めまい、立ちくらみなどにも効果が期待できます。
場所:もみあげ付近の、口を開けたり閉じたりする際に、くぼみができるところにあります。

ツボの押し方

ゆっくり1,2,3と数えながら3~5秒ほど押します。5秒の中で、少しずつ力を強くしていき、緩やかに力を抜いていきます。

頭皮が硬くなる大きな原因は、頭皮の血行不良です。頭皮の血行不良が引き起こされる原因のほとんどが、同じ姿勢を長時間とり続けることや、冷え、紫外線、不規 則な生活習慣など、私たちの日常生活の中にたくさん潜んでいます。頭皮マッサージで血行を良くし筋肉を緩めることも大切ですが、これからますます寒くなる季節なので、同時に原因となる生活習慣も見直していきたいですね^^

 

ビューティーコンサルタント
栗田加奈子
美容師・ブライダルスタイリスト・カラーリスト・イメージコンサルタントとして 23年間で10,000人以上の女性をプロデュース 百貨店や大手企業では、「第一印象力アップ講座」や(誰からも愛される)「しぐ さ美人レッスン」など講師としても活動している。 (プライベートでは)2児の母として、“食”と“日本文化”を大切にした日常をおく り、光文社 STORY の読者モデル・公式デジタリストとしても心豊かな Life style をテーマにした記事を発信している。