お試しレッスン
予約
Web入会の
ご案内
イベント
予約

“かくれ水分不足”になっていない!? 冬こそ水分補給が大切な理由 かくれ水分不足”になっていない!? 冬こそ水分補給が大切な理由

夏は汗をかきやすく、脱水になる心配があるため、こまめに水分補給する方も多いかと思います。一方、冬は汗もあまりかかないので、水分補給を疎かにしがちではないでしょうか?実は、冬こそ水分補給がとても大切です。その理由をお話します。

冬の水分不足はなぜ起こる?

冬の水分不足はなぜ起こる?

冬は空気が乾燥しているだけではなく、エアコンなどの暖房器具を使用するため、さらに乾燥しやすくなります。その環境の中で生活していると、気づかないうちに皮膚や粘膜から水分が奪われていきます。お肌が乾燥しているなと感じる方はいても、粘膜や呼気が乾燥していることにはなかなか気づけないのではないでしょうか。また、夏のように喉が渇いたことを実感しにくくなるのも冬の特徴です。水分補給が疎かになることで、気づかないところで体内の水分不足に陥っている可能性があります。

冬の水分不足に見るリスクとは

冬の水分不足に見るリスクとは

では、冬に水分不足であることを自覚していないと、どういうリスクがあるのでしょうか。まず、顔を始め、カラダが乾燥している方は多いのでは。皮膚の乾燥は、お肌のかゆみや赤みを引き起こす可能性もあります。また、水分が不足すると、血流が悪くなり、冷えにつながるリスクも。さらに恐ろしいのは、病気のリスクです。水分不足になると、血液の水分減少から血液の粘度が上昇し、血栓ができやすくなります。それが要因となり、脳梗塞や心筋梗塞などの病気につながることもあります。

水分補給は風邪予防にも大切!

水分補給は風邪予防にも大切!

また、冬はインフルエンザなど感染症が流行する季節です。今年は、新型コロナウイルスの感染予防対策も必要ですよね。そんなウイルス対策のためにも水分補給はとても大切です。私たちの気道の壁にある「線毛」には、鼻や喉から入るウイルスの体内への侵入を防ぐバリア機能があります。しかし、乾燥に弱く、乾燥すると働きが弱まってしまいます。この「線毛」が十分に機能するためにも、水分補給は欠かせません。手洗い、消毒、そしてマスクなどの予防対策にプラスして、風邪予防、ウイルス予防のためにもしっかり水分補給を行いたいですね。

冬におすすめ水分補給方法

冬におすすめ水分補給方法

寒いので、冷たい水を飲むのに抵抗がある方も多いかもしれません。そもそも、冷たい水はカラダを冷やしてしまうこともあり、おすすめは常温のお水、あるいは白湯です。就寝中は気づかないうちにカラダの水分が奪われているので、起きたら必ず水分補給をしましょう。寝る前も同様、就寝中に向けて、コップ一杯の水を飲んでから寝るようにします。また、お手洗いに行ったときは水分補給のおすすめのタイミングです。お手洗いから戻ったら、コップ一杯のお水を飲むように心がけましょう。

冬の健康管理は水分補給がキー

冬の健康管理は水分補給がキー

冬は寒さや乾燥で体調を崩しやすかったり、感染症が流行したり、健康管理が一層難しい季節です。だからこそ、ポイントは水分補給。水分補給が十分に行えていない”かくれ水分不足”の状態だと、脱水だけではなく様々なリスクに晒されます。冬は喉の渇きを感じにくいので、「喉が渇いたら水分補給をする」ではなく、自分で水分補給のタイミングをマネジメントして、水分不足に陥らないようにしたいですね。

堀希和子

2007年に上智大学外国語学部英語学科を卒業後、国際線客室乗務員として勤務。
その後転職し、一部上場企業代表取締役社長秘書を経験。
現在は、結婚を機に退職し、コラムライターやwebデザイナーとして活動中。
子育てをしながら、「ママでも美しく楽しく」をモットーに、美ライフスタイルを追及中。

関連記事

11月ボディーズキャンペーン
12月ボディーズキャンペーン
ダイエットプロテイン

ボディーズとは

Column コラム