お試しレッスン
予約
Web入会の
ご案内
イベント
予約

美肌の人は絶対にやらない! 洗顔にまつわる3つのNG習慣 美肌の人は絶対にやらない! 洗顔にまつわる3つのNG習慣

花粉や毎日のマスク生活でお肌も疲れ気味になりがちですが、そんなお肌をさらに傷めてしまうNG習慣をついついしていませんか?美肌をキープする人が絶対にやらないお肌のNG習慣を3つお伝えします。

お肌は絶対にこすらない! 不用意に触らない!

お肌は絶対にこすらない! 不用意に触らない!

クレンジング、洗顔、スキンケアと、私たちがお肌に触れるタイミングは1日の中でも何度もありますが、気をつけたいのは絶対にこすらないことです。手に力が入ってこすってしまうと、お肌に不要な刺激を与えてしまいます。その刺激がお肌に必要な角質を剥がしてしまい、結果的にお肌のバリア機能を低下させてしまうことに。クレンジングやスキンケアでお肌を触るときは、撫でるように優しく滑らせるだけにしましょう。洗顔の時は、泡で洗うようにして、直接お肌に手が触れないように。また、普段から顔を触ってしまう癖のある方は要注意です。特に汚れている手でお肌を触ると刺激になってしまうので、お肌は不要に触らないこと。頬杖をついちゃうという方も、ぜひ意識して頬杖をつかないように、お肌は触らないようにしてみてください。

シャワーで洗顔は絶対にNG

シャワーで洗顔は絶対にNG

お風呂で洗顔しているとついついやりがちなのが、シャワーでの洗顔。シャワーで洗顔した方が、簡単にそして早く泡を流せるので便利ですが、お肌のためにはNGです。シャワーは水圧が強く、お肌には刺激が強すぎます。洗顔後は、お肌が柔らかくデリケートな状態なので、水圧の強いシャワーで刺激を与えてしまうのは、絶対に避けましょう。また、お湯の温度調整もとても大切です。熱めのお湯で洗い流すと、お肌にとって必要な皮脂も洗い流すこととなり、お肌の乾燥を招きます。面倒でも、洗顔のお湯設定は30度くらいのお水に近いぬるま湯に設定し、両手でぬるま湯をすくって優しく洗い流すことを心がけましょう。その際にもゴシゴシこすらず、あくまで水で包み込むようにするのが美肌への近道です。

洗顔後もポイント! タオルでゴシゴシ拭かない

洗顔後もポイント! タオルでゴシゴシ拭かない

洗顔を終えたその後も要注意ポイントがたくさんあります。まず、一番大切なことはタオルでゴシゴシ拭かないことです。手でこすらないのと一緒で、タオルでゴシゴシ拭くときにはとても刺激になってしまいます。さらに、タオルは使い古されているとゴワゴワで固くなってしまっていることも多く、硬い繊維はさらにお肌に良くありません。タオルで拭くなら、なるべく新品の柔らかいタオルを使い、拭くというよりも顔に優しくポンポンと当てるだけに。私は、顔だけはタオルを使わずにティッシュで軽く水分を押さえるだけにしています。

洗顔時のNGをやめて美肌へ近づこう

洗顔時のNGをやめて美肌へ近づこう

美肌を目指すなら、スキンケアやコスメにこだわるだけではなく、睡眠や食事などの生活習慣全てを見直す必要があります。その中でも、洗顔にまつわるNG習慣は今すぐやめられるものばかり!特にお肌を擦らないようにするだけで、今まで与えていた皮膚への過剰な刺激をなくすことができます。花粉やマスクでお肌が疲れ気味の今だからこそ、お肌を大切に労って美肌を目指したいですね。

堀希和子

2007年に上智大学外国語学部英語学科を卒業後、国際線客室乗務員として勤務。
その後転職し、一部上場企業代表取締役社長秘書を経験。
現在は、結婚を機に退職し、コラムライターやwebデザイナーとして活動中。
子育てをしながら、「ママでも美しく楽しく」をモットーに、美ライフスタイルを追及中。
4月ボディーズキャンペーン
5月ボディーズキャンペーン
ダイエットプロテイン

ボディーズとは

Column コラム