お試しレッスン
予約
Web入会の
ご案内
イベント
予約

美容に良いおやつとは?美肌のためのキレイになれるおやつ 美容に良いおやつとは?美肌のためのキレイになれるおやつ

コートのいらない暖かな日が増えてきて、春の訪れを感じる頃となりました。

気持ち良い季節の反面、お肌が何か不調を感じるという方も多いのでは?
実は、春はお肌がゆらぎやすいシーズン。ゆらぎ肌になりやすい理由や、健やかな肌作りのコツを伝授します。

春にお肌がゆらぎやすくなる理由

春にお肌がゆらぎやすくなる理由

普段通りのスキンケアをしているのに、スキンケアがしみる、お肌がかゆくなったり赤みが出る、吹き出物などの肌トラブルが多くなる……。
それは、まさにお肌がゆらいでいる証拠です。

春は、冬から引き続き空気が乾燥しており、風が強い日も多く、お肌には良くない環境が続いています。
加えて、本格的に始まった花粉も、お肌にかゆみをもたらす要因となります。
くしゃみや鼻づまりなどの花粉症の諸症状がないという方も、お肌には花粉の刺激を受けている可能性が高いので要注意!紫外線量が急激に増えるのも春です。

このような外的要因の他に、春は内的要因もお肌にダメージを与えやすくなります。
進学や進級、転勤など環境が変わることが多いのがまさに春。慣れない環境で緊張したり、心が疲れてしまうこともお肌がゆらぐ原因となります。

春はお肌のスキンケアを見直すタイミング

春はお肌のスキンケアを見直すタイミング

お肌がゆらぎやすい今こそ、スキンケアを見直すタイミングです。
お肌がゆらいでしまうと、ちょっとしたことで敏感になりがちなので、お肌への刺激を極力少なくして、お肌のバリア機能を高め、お肌の本来の力を底上げするスキンケアへとシフトしましょう。

まず見直したいのがクレンジングです。
メイクの汚れを落とそうと一生懸命になればなるほど、メイク落としの手に力が入りがちですが、強くこするとお肌が傷ついてしまいます。
傷ついたお肌はさらに刺激を受けやすくなってしまいますね。

メイク落としの時も力は入れず優しくお肌を撫でるようにし、洗顔の際には手は触れずに泡だけがお肌に触れるように洗います。
シャワーをそのまま顔に当てたり、熱いお湯で洗うのは、お肌にとっては負担なのでやめましょう。

スキンケアも、この時期は敏感肌用に切り替えてもOK。
シンプルだけど潤いバランスがしっかり整うような保湿メインのスキンケアにするのがおすすめです。
ただし、紫外線量が増えてきた時期なので、UVケアも忘れずにしたいですね。

生活リズムを改善して肌力を底上げ

生活リズムを改善して肌力を底上げ

春は、朝の日の出の時間も早くなり、朝日とともに起きることが習慣化しやすい時期でもあります。
せっかくなので、これを機に体内時間をしっかりと調整して、生活リズムを整えましょう。

やはり、夜更かしや不規則な生活、乱れた食生活は、健康面で悪いだけではなく、お肌にも悪い影響を与えてしまいます。
睡眠の質を上げ、生活リズムを整え、健康的な食生活を心がけることで、ストレスからお肌を守ることにつながります。

夜早めに就寝することで、朝の寝起きもいつもより早めの時間に設定することができます。そして、朝日をしっかり浴びることで、夜の睡眠の質が上がります。心地よく入眠するためには、胃が疲れないように食生活も見直したいですね。
睡眠、食事のサイクルが整うと、カラダ全体の巡りが良くなるはず。

このように生活を整えることが、肌力の底上げへと繋がっていきます。

春でもゆらがないお肌へ

春でもゆらがないお肌へ

気持ち良い季節とは裏腹に、外的要因と内的要因でお肌がゆらぎやすい春。
敏感になっていることを意識してお肌に優しいスキンケアを徹底すること、お肌はカラダの一部と認識してカラダのリズムをしっかり整えることがゆらぎ肌の一番の対策になります。

春の不調を乗り越えられるよう、肌力を底上げする対策をしっかり行いましょう。

堀希和子

2007年に上智大学外国語学部英語学科を卒業後、国際線客室乗務員として勤務。
その後転職し、一部上場企業代表取締役社長秘書を経験。
現在は、結婚を機に退職し、コラムライターやwebデザイナーとして活動中。
子育てをしながら、「ママでも美しく楽しく」をモットーに、美ライフスタイルを追及中。
3月ボディーズキャンペーン
4月ボディーズキャンペーン
ダイエットプロテイン

ボディーズとは

Column コラム