お試しレッスン
予約
Web入会の
ご案内
イベント
予約

手洗いと消毒が必須な今、ハンドクリームでケアしていても手荒れに悩まされている方も多いのでは。乾燥がひどくなってきたので、もうハンドクリームだけではなかなか潤いを取り戻せないですよね。ハンドクリームの効果がさらに高まる+αのハンドケアをご紹介します。

ハンドクリームの前に化粧水で水分補給

お肌のスキンケアも化粧水からスタートしますよね。化粧水には、お肌に水分を補給して適度な潤いを与えるだけではなく、お肌を柔らかくして後の乳液やクリームなどの浸透を高める働きが期待されています。ハンドケアも一緒。ぜひ、先に化粧水やボディミストなどでお肌を柔らかくしてあげましょう。それからハンドクリームを塗ると、クリームが浸透しやすく、手がしっとりと潤います。

ハンドクリームに油分を混ぜるだけで保湿効果アップ

ハンドクリームに油分を追加してあげると、ハンドクリームの潤いを閉じ込めてくれます。ネイルケアの最後に塗る、ネイルオイルも爪周りを保護するだけでなく、手先の潤いをキープ。また、ワセリンもハンドケアとの相性が良いアイテムの一つです。ワセリン自体に保湿成分が含まれているわけではありませんが、油分が多い分、肌の表面に油膜を張ってくれます。ハンドクリームを塗るときは、ぜひワセリンやオイルを少量混ぜてみてください。油膜でハンドクリームの潤いを閉じ込め、皮膚からの水分蒸発を防いでくれる効果が期待できます。

寝ている間に手の潤いが復活!手袋を活用

睡眠中は、手の潤いを取り戻す絶好のチャンスです。寝る前にハンドクリームを塗る方も多いと思いますが、先述のようにワセリンもプラスし、水分と油分でしっかりと手を保湿します。そして、ハンドトリートメント手袋をオン。手袋をすることで、手の湿度を守ってくれます。ハンドクリームと併用することで、ハンドクリームの効果が高まることが期待できます。ハンドトリートメント手袋は、オンラインでも100均や300円ショップでも気軽に手に入れることができます。

ハンドクリームの効果を最大限に高めて手に潤いを

冬で乾燥が進む中、こまめな手洗いと消毒で、手荒れが辛いですよね。こまめにハンドクリームを塗っていてもすぐに手を洗うので、ハンドクリーム効果も長続きしません。せっかく塗るハンドクリームなので、ぜひ効果を最大限に高めて、手に潤いを閉じ込めましょう。消毒と保湿、上手に両立したいですね。

堀希和子

2007年に上智大学外国語学部英語学科を卒業後、国際線客室乗務員として勤務。
その後転職し、一部上場企業代表取締役社長秘書を経験。
現在は、結婚を機に退職し、コラムライターやwebデザイナーとして活動中。
子育てをしながら、「ママでも美しく楽しく」をモットーに、美ライフスタイルを追及中。
12月ボディーズキャンペーン
新春入会キャンペーン
ダイエットプロテイン

youtube エクササイズ動画

Column コラム