お試しレッスン
予約
Web入会の
ご案内
イベント
予約

ダイエットやエクササイズをしていても気になるのが、ぽっこりおなか。おなかが出ていると脂肪がたまっているのかな?と思いがちですが、実はそれだけが原因ではないことも。おなかがぽっこり出てしまう原因を探り、効果的にアプローチすることでぽっこりおなかから卒業しましょう!

ぽっこりおなかの原因は?

ぽっこりおなかの原因は、単純に太ってしまったということも考えられますが、それ以外にも原因となる要素がいくつかあります。例えば、便秘がちで便がたまってしまっていると、おなかがぽっこりしてしまうことも。また、注目したいのが普段の姿勢です。おなかに力を入れずにいる時間が長い人は、腹筋がゆるんでしまっているため、内臓を支えられずにぽっこりおなかになりがちです。今回は、特に姿勢からぽっこりおなかにアプローチする方法をお伝えします。

姿勢で変わる!毎日できる下腹ダイエット

仕事中の姿勢や、電車に乗っている時の姿勢を振り返ってみてください。疲れていると、どうしてもおなかに力が入らず、骨盤を寝かせて、背中が丸まってしまっていませんか?その姿勢だと、体幹が全く使われておらず、おなかがぽよんと出てしまいます。まずは、姿勢を正し、下腹に力を入れることを意識的にできるようにしましょう。座っているとき、立っているとき、下腹をへこませるように力を入れて、肩の力は抜きます。簡単なようで続けるのは結構大変!続けることで、腹筋をしっかり使い、ぽっこりおなかを解消することが期待できます。姿勢も良くなって一石二鳥ですね。

負荷を上げて効果アップ!下腹に効く筋トレにもトライ

日常的におなかに力を入れながら過ごすことができるようになったら、次はおなかに負荷を与えてみましょう。方法はとっても簡単。「フッフッフッ」と短く息を吐き出しながら、おなかをへこませます。回数を決めるより、思い立った時にはやるようにすると続けやすいですね。また、おなかの筋トレ言えば、寝転がった状態から起き上がる腹筋運動をイメージする方も多いと思いますが、下腹ダイエットの場合、寝転がった状態で足を伸ばし、その足をゆっくりと上げ下げする腹筋運動の方が効果的です。

姿勢を見直してぽっこりおなかは卒業

姿勢が悪いと、腹筋が上手に使えず、ぽっこりおなかの原因になってしまいます。常に力を入れているのは休まらないと思うかもしれませんが、仕事中、ご飯を食べている時、電車に乗っている時、など一定のタイミングだけでもぜひおなかに力を入れてみてください。おなかに力を入れようとすると、自然に骨盤も立たせることができ、腹筋を効果的に使うだけではなく、姿勢改善にもつながります。ぜひ、姿勢を見直して、ぽっこりおなかから卒業したいですね。

堀希和子

2007年に上智大学外国語学部英語学科を卒業後、国際線客室乗務員として勤務。
その後転職し、一部上場企業代表取締役社長秘書を経験。
現在は、結婚を機に退職し、コラムライターやwebデザイナーとして活動中。
子育てをしながら、「ママでも美しく楽しく」をモットーに、美ライフスタイルを追及中。

関連記事

8月ボディーズキャンペーン
9月ボディーズキャンペーン
ダイエットプロテイン

ボディーズとは

Column コラム